無気力雑記

無気力人間の雑感

仕事が続く時と続かない時

ここ1年は仕事するも全く定着が出来ない。
だいたい1ヶ月持たずに辞めて来た。
近年は人が怖くなり人を避けている傾向がある。
人を避けているとその雰囲気が出て結果人に嫌われてお金を稼げなくなる。
人に嫌われるとお金にも嫌われる。
人と仲良くせなあかん。

こんな自分ですが2、3年くらい仕事が続いた時もあった。
当時は周りの人間に構ってもらい助けて貰って生き残っていた。
色んな人と仲良くなったりもした。

働くことが楽しいと感じることすらあった。
やっぱり若かったから生き残れたのだろうか。
もう30近いし社会に相手されないかもしれない。
若さに頼って生きてきたタイプなんだろうな俺は
若さという武器が無くなると、大人としての器量を身につけないといけないのかもしれない。

仕事が続けば世の中が開けて楽しくなってくる。
この社会は人に好かれるような人間じゃないと生き残れない。
人に嫌われ耐えて仕事続けるより人に好かれた方が楽である。