無気力雑記

無気力人間の雑感

脱引きこもり バイト5日目~ やっぱり働きたくない

今日のバイトが終わった。

たった4時間の労働ではあるが十分に苦痛を感じられた。短時間であれど社会に所属し働くということはとても大変だ。

今日はキツイ作業は無かったけど相変わらず動きっぱなしなので足が悲鳴を上げている。

高校生がやたら多かった。なんか馬鹿にされていそうであんまり気分は良くなかった。

引きから脱したのは良いものの。俺はもう30に突入するし、こんな人生がこれからも続くと考えると気が狂いそうだ。

引きこもりの人は社会に出てもどうにもならない現実を突きつけれらるので、引きこもったままの方が精神衛生が保たれるかもしれない。

 

日本人働きすぎ

前は普通に8時間働いていたけど、今の俺は長時間の労働や人間関係に耐えられる気がしない。

現に朝からの8時間労働や人間関係が嫌すぎて何度も退職してきた。

結局長時間の労働自体が社畜にする為の会社による洗脳だと思う。

競争を促すような社会システムだから例え時給900円でもみな一生懸命働く。

俺みたいに一日4時間しか働かないという人はあんまり居ない。

しかし自分のペースでのんびりみたいな生き方は社会では通用しないし、やっぱり自分が思っている10倍は世の中厳しいなと感じた。

まだ5日しか続けてないけどやっぱり労働って嫌ですねえ。

結局何が一番キツイかというと苦手な人間とも一緒に作業しなければならないというところ。人と人とが交錯する瞬間が嫌。

職場という場所は必ず、苦難が生じるようになっているわけですね。

家に引きこもって居たら金は稼げないけど人目を気にしなくても良く、平和ですから。

昔は働くという行為が嫌では無かったけど今は社会に出て働くことがマジで苦痛だ。

 

今後どう乗り切るか

とりあえず辞めずに続けたいとは思っている。

ただ人間関係が耐えきれない程悪化した場合は辞めざるを得ない状況になることも想像できる。

今の職場の良い部分は人間関係が比較的ドライであること、比較的仕事は簡単であることが良い面。

仕事が終わったら仕事のことは一切考えないようにしたい。

ヒキって楽して生きることに慣れてしまっているから、社会に慣れつつ続けたいと思う。