無気力雑記

無気力人間の雑感

仕事で1番キツいのは人間関係

やっぱり人間関係だと思う。
苦手な人間とも一緒に作業をしてコミュニケーションを取らなければならないという所が仕事において1番しんどいところである。

継続的な人間関係が苦手

肉体的な辛さはよっぽどでない限り耐えられる。
人間関係の辛さは非常に後味が悪い。
比較的人間関係が薄いと言われる工場などの職場でも人間関係はある。
精神攻撃を仕掛けて来る人間はどこに行ってもいる。
1回限りの人間関係なら良いけど、1つの職場における継続的な人間関係はすこぶる苦手だ。
だいたい1ヶ月もいればその人の性格などはバレてしまう。
辞めればその嫌な人間関係はリセットされるのでつい辞めたくなってしまう。
前の職場を辞めた理由も俺を攻撃してくるやつが居て耐えきれなくなったからである。
苦手な人の相場は決まっていて若い女とか10代の男。容赦を知らず、攻撃的なやつの割合がすこぶる高い。

人に好かれるような人間じゃないと社会でやっていけない。

今回の仕事は人間関係から逃れる為にわざわざ夜勤を選んだがそれでも人間関係から逃れられそうにない。
仕事を長く続けるには、人に好かれたり人間関係をやり過ごす必要がある。
今まで続いたところはある程度人に好かれたから生き残れたが俺はもう若くない上に人に好かれる要素もあんまり無い。
それ故にどこ行っても居心地が悪くなり続かないかもしれない。
実際ここ半年くらいはどこ行ってもしっくり来ず、短期離職を繰り返している。


あとやっぱり完全に1人で出来るライターとかネット関係の仕事はとても魅力的だ。