無気力雑記

無気力人間の雑感

昼夜逆転をしていると1日があっという間に過ぎる。治し方など

私は最近昼夜逆転気味の生活をしています。

この生活をしていて感じたことは1日の体感時間が早いということです。

 

今日の生活を例に上げますと

朝5時就寝

 

昼11時 1回起床

腹が減って目が覚める。

インスタント麺をすする。

寝ぼけながらyoutubeでゲーム実況を見ながら就寝。

この間、何度かベッドの上で寝起きを繰り返す。

 

夕方5時

本格的に起きる。外は暗くなっている。

車で晩飯を買いに行く。

 

夜7時

夜風に吹かれながら近所をウォーキング。

ネットサーフィン

 

 朝4時か5時に就寝。

 

こんな感じです。

ただ消費するだけで生産性が無いですね。笑。

クラウドソーシングとかで空き時間に仕事でもした方がいいかもしれない。

今は買い物くらいなら行けるけど引きこもりの時はさらに自堕落な生活をしていました。

 

ウォーキングはやらないと1日中ベッドの上に居ることもあるので日課にしています。

なんだかんだ寝ている時間が長いし、何より本格的に起きる頃にはもう外が真っ暗。

この生活をしていると1日が異常に早く感じるし、1日を無駄にしたという焦りも出てくる。

外が真っ暗になった夜は体感時間が早い気がする。あっという間に1日の終わりが来る。

朝方に眠るというのは人間の生理に反したものであるからか、何故か悪夢を見ることが多いです。

 

 

昼夜逆転の治し方

基本的には昼の太陽の出ている時間に起きることが出来たら太陽の光を浴びながらウォーキングをすること。

そしたら体内時計が正常に近くなり、ちゃんと夜もしくは深夜に眠気が来て寝れるようになります。

一回では効果が出なくても続けていると徐々に治ってくると思います。

私もなるべく深夜4時までには寝るようにしています。

そしたら体調も良いことが多いですね。

 

 

起きる時間が昼くらいならまだいいと思いますが、夜に起きると1日が早く感じるのでやっぱり勿体ないですね。