無気力雑記

無気力人間の雑感

人と比べて劣等感を感じる必要はない

今日は外出する機会があり、市街地の方へ赴いた。

スーパーや、薬局に行った。

 

車の方を覗いてみるとトラック運転手やスーツ姿、営業人、様々な社会人が頑張っていた。

このような人達は厳しい社会で頑張り続けてきた人でしょうね。

大して俺は週に数回しか働いていない。

 

人の多い場所にいくと社会の圧力に圧倒され急かされているように感じる。

なので基本は田舎の実家周りをホームグラウンドとし、あまり世の中と関わらず生きている。

 

人と比べると他人は立派な人ばかりに見えるし劣等感を感じる。

しかし自分自身は健康そのもので生きていくには困らない

もうこれが俺の人生であると自分で受け入れて生きていくしかないですね。

 

自己を確立し周りに流されないことが大切だと思いました。

表に出てこないだけで世の中色んな人が居ますからね。

人と比べて劣等感を感じるのは損だ