無気力雑記

無気力人間の雑感

人間社会で働くのが向いていない

f:id:mutr:20190211004542j:plain


Youtube系の記事を書いていたが、思いのほかアクセスが落ちているので自分のことを書こうと思う。

タイトルは今日久々に仕事に行った感想だ。

やっぱり俺は社会に出て働くのが嫌だという結論に達した。

何もせず、家でスマホ弄っていたら幸せなのに職場に行くと全ての幻想を打ち砕かれる。

何故同じ1日でも職場に行くのと家に居るのではここまで感じ方に差が出るのだろうか。

結局仕事自体が嫌なのではなく、会社というコミュニティに属し、同じ人間と顔を合わせ周りの目を気にしながら働くから苦痛なのだ。

働いている時は生きた心地がせず不安や恐怖に支配されている。

周りの人間の9割くらいが敵に見える。

人間集団の中に混じって働くと人の目がやっぱり気になるし、幻聴も聴こえる。

社会不安の症状が強くその場から逃げ出したくなる。

人間社会を構築することにより発展した人類だが、
俺は社会に縛られることにより生きづらさを感じる。

今は週に2日か3日働いているが、一向に楽にならず苦しい。

世の中を捨ててネットと自分だけの世界で生きたいと思っている。

ここ一年くらい社会のリズムから完全に外れた生き方をしている。
享楽的ではあるがこういう生き方も案外悪くないと思うようになった。



もしネットで収益が出せるようになれば最高だ。
アフィリエイトやクラウドソーシング、Youtuber、動画配信。
今はネットでもお金が稼げる可能性があるからありがたい。
人間社会では生きていかれへんからそれだけが自分の希望だ。
オススメ記事
ニートでも出来るバイト ウーバーイーツとは? - 無気力雑記