無気力雑記

無気力人間の雑感

社会不安障害に効果的な恐怖突入

私自身、社会不安が強いのですが恐怖突入の考え方は効果的であると思っています。

恐怖突入は森田療法などで有名です。

恐怖を感じるところに入っていってそれを繰り返すことによりなんとも無くなっていく感じ。

人間関係でも苦手な人を避けるより逆に近づいた方がなんともないことが分かり解決に近づいたりします。

やはり苦手な場面を避ければ避けるほど不安が強くなるものなんですよね

恐怖突入は最初は出たとこ勝負みたいなところはありますね。

自分は職場や人が多いところに行くとき不安が強くなるのですが、出たとこ勝負で流れに身を任せるようにしています。

あるがままを意識し、やるべきことに目を向け流れに身を任せることが大事です。

人間は環境に適応する生き物なのですぐに慣れていきます。

最初に中に入り込むことさえ出来れば後は何とかなるなと思いました。

あとこれは最近自分が発見したのですが、早歩きをすると一時的ではありますが不安を感じなくなりますね。

なので恐怖を感じる場面では意識的に早歩きをするようにしています。

たぶんアドレナリンとかが関係していると思いますけど、キツめの運動は効果ありですね。

恐怖突入は引きこもり脱出のカギになると思いました。