無気力雑記

無気力人間の雑感

絶望的な日本社会の労働現場

f:id:mutr:20190218000723j:plain

ただただ苦しくて辛い日本の労働現場。

作業内容がきついわけでなく、私は対人恐怖が強いので人の多い場所が苦手なのだ

女性の社会進出によって弱者男性はさらに肩身が狭くなった現代。

理不尽な上司はどこにでも居るもので大したミスをしていなくても、大声で怒鳴られたりする。

自分が会社を作ったわけでも無いのに長く勤めて居るだけでめちゃめちゃ偉そうにしている。

無職で居るよりも、実際に非正規雇用とかで働くといかに日本社会が絶望的であるかがよく分かりますね。

世の中へのヘイトが溜まり底辺特有の被害者意識が芽生える。

底辺労働者は正常なメンタルを保つことが難しいのだ。

家では仕事のことは一切考えないようにしています。

早くAIやベーシックインカムの普及により働かなくて良い世の中になればいいのに。

お金というものが生活に直結し、苦行に耐えないとそれを得られない地上界は地獄だ。