無気力雑記

無気力人間の雑感

ニートが人生逆転する為の5つの方法

目次

ニートが人生逆転する方法とは?

f:id:mutr:20190318190444j:image

 

プログラミングを身につける

時間が膨大に有り余っていることがニートの強み。
プログラミングが出来ればフリーランスエンジニアとして活躍することが出来る。
学習期間は独学なら半年~一年程度掛かるが、一生ものなので身につける価値はある。
プログラミングが出来ればクラウドソーシングでWEBサイトを作ったりして稼げる。
またスキルを生かしてIT企業への就職を目指すことも出来る。
2020年から小学校でプログラミングが必修科されるらしい。

ギャンブル

宝くじを購入する。1億当たればまさに一発逆転だ。

パチプロになる。ハイエナなどを駆使して一日中パチスロを打って稼いでいる人種がいるらしい。

朝から並んで晩まで打つというのはある意味労働と言えるかしれないが、パチスロが得意な人ならオススメだ。
また同時にパチスロブロガーやYoutuberになるというのもアリ。
ギャンブル系のコンテンツは人の興味関心を引きやすくアクセスを集めやすいというメリットがあります。

株、FX

株やFXを学び投資で大金を稼ぐ。
去年ならビットコインや仮想通貨が熱かった。
以前働いていて資金のあるニートならこの方法はありだ。
しかしやり方を間違えると大金を溶かしてしまうのでリスクは高い。
世の中には親の金をFXで溶かしてしまう親不孝なニートも居るらしい。

アフィリエイト

ライティング、SEO、コンテンツマーケティング、WEBデザインなどを徹底的に学び、収益を生み出すアフィブログを作る。
有能なニートはネットで生きていく手段を確立しネットでお金を稼いでいる。

ブログを書く中で様々なスキルが向上する可能性もある。
しかし記事を量産するのも楽では無く、収益が出るまで書き続けるのは忍耐が必要。

アフィリエイト9割が稼げず挫折して辞めていく世界でもある。
またYoutuberをやっても働けバカなどのアンチコメが付いて終わる可能性が高く得策とは言えない。

 

就労支援の作業所に通う

ニートがいきなりバイトしたり就職するのは敷居が高く、すぐに辞めてしまう可能性も高い。
まずは就労移行と呼ばれる作業所に通うのがオススメだ。

作業内容は当然一般企業よりレベルが優しく働きやすい。

A型作業所とB型作業所があり、作業所によってはお金が貰えるところもあり段階的にゆっくりと一般企業への就職を目指していく。

障害者手帳を貰えば障害者枠で大手企業に就職しやすくなる。

ニートをしていると収入が0なので働いただけでも人生逆転と言えるのではなかろうか。