無気力雑記

無気力人間の雑感

【日本の病み】大人の発達障害4割超がうつ病発症について


f:id:mutr:20190327015941j:image

目次

大人の発達障害 4割超がうつ病発症

大人の発達障害の人の4割超がうつ病も併発しているようだ。(毎日新聞調査)
普通の人でさえうつ病になる人が多いので当然のデータだと言えますね。
発達障害があると社会に適応することが難しく引きこもりニートになってうつ病になる。
また学校でのいじめなどの経験から社会不安やパニックを発症している人も多い。
発達障害の人は日常生活の中で多くのストレスに晒されているということですね。
発達障害の大人が社会で生きていく為には、理解のある環境で働くことが重要。
普通にバイトなどで働くと健常者として見られハードルが高くなります。

そして仕事でミスを連発し、徐々におかしいことが周りにバレて職を転々していく。

b型作業所などから段階的に一般企業への就職を目指した方が良いですね。

障害者手帳を習得し障害者枠での就職を目指した方が結果的に長く働くことができます。

 合わせて読みたい

【中年ニート】中高年引きこもり61万人の衝撃 - 無気力雑記

俺も発達障害うつ病

実は俺も発達障害ADHDの気があり仕事が続かず職を15くらい転々とした。

過去記事を読んでいる人は知っていると思いますが。
脳の前頭葉の働きが弱まり頭の中がフワッとする瞬間があります。
そして気を抜くと旗から見ておかしな行動を取っていることがある。
なので普通の人より注意散漫にならないように気を付ける必要があります。

発達障害というのは子供の時より大人になってから顕在化することが多いのです。

障害者枠での就職は考えたことはあるけどやっぱり無理ですね。
仕事が全く出来ないというわけでもないし、自分を障害者であると認めたくないから。

作業所にも通ったことがあるけどここに長く居てはならないと思い、1週間で辞めてしまった。

障害者の作業所でも序列があり後から入った俺は一度下っ端だった。
何にも出来ないのにプライドだけは無駄に高いのが俺である。

ここ数ヶ月ずっと躁鬱で気分の浮き沈みが激しい。

 

うつ病ブログ多すぎ問題

はてなブログ界隈では、うつ病で退職したみたいなブログがやたらと多い。

ブログというのは心の病を発散するには最適なツールなのかもしれない。

なにも出来ずに家でくすぶっているよりはブログでぶちまけた方が有意義だ。
いかに今の日本社会が生きづらいかということですね。

所謂普通のレールから一度でも外れてしまうとやり直すことは容易ではない。
これからAIの発達により人間の労働が奪われうつ病の人はさらに増えていくと言われています。
なので心理カウンセラーなどの需要は高まるでしょうね。
うつ病は基本的には仕事を辞めて休職するか、引きこもりの場合は日中に外に出てウォーキングすることによって改善されていくと思う。

今の季節だと気候も良いからかなり気持ち良く歩くことが出来る。
心の病なので、心の傷が癒えるまでの時間を長く取るということが大切ですね。
人間は忘れる生き物なのでいつか必ずよくなります。