無気力雑記

無気力人間の雑感

炎上ブロガーになろうと思った理由を書きたいと思う


f:id:mutr:20190422133038j:image

みなさんお気づきかもしれませんが、最近炎上記事を執筆しております。

言うほど炎上って感じもしないかもしれないが、不快にさせてしまったなら申し訳ない。
俺が炎上ブロガーになろうと思った理由を書きたいと思う

 

炎上記事はアクセスが伸びるから

人の神経を逆撫でする炎上というのはネットにおいてバズるコンテンツだ。
炎上記事の特徴としてスターはあまり付かないが、よくアクセスが伸びるという特徴がある

これはどういう現象が起こっているかというとはてなの読者ではなく、一般経由のアクセスが増えるからである。
炎上記事によってブログや書き手への興味が芽生え、回遊性が大幅にアップする。

経験則、毒にも薬にもならないような記事というのは星は付いても、ブログ全体のPV増加には繋がらない。
スターの数とアクセス数どちらに価値があるかというと俺はアクセス数だと思う。

炎上記事はブログ村へのキラーコンテンツという意味合いもある。

日本一のブロガーであるイケダハヤトも炎上ブロガー。

あとイケハヤではないけどある炎上ブロガーにも大きな影響を受けて、このような太字だらけの構成になっている。

 

普通にブログを書くのに飽きてきた

毎日時事ネタを追って、内容のない薄っぺらい記事を書く。
アクセス数は伸びても収益0円。
そんな日々に嫌気が差してきたからだ。

どうせ稼げないんだし、便所の落書き並に汚い言葉でめちゃくちゃにしてやれと思った。

積み重なった鬱憤が俺を炎上ブロガーへと昇華させた

仮に燃え盛る炎によってこのブログが潰れても構わない。

ほぼ無償でエンターテイメントを提供しているわけだから損失は0だ。
だからこれからは自分の思うことを好きなように書いていこうと思った。
俺は生粋のネラーだからこういう記事の方が性に合っている。

まあ時事ネタやアニメをやめたわけではありませんがね。
本音を生々しく書いた方がブログは面白くなる。
人気コンテンツにはアンチや賛否両論が付き物だ。


ブロガーは独裁者であるべき。

読者数が増えてくると無難なことしか言えなくなるブロガーっているよね。

つまんねえと思いながらいつも読んでいる。

100人や200人程度でビビっているようではさらに上に行くことは出来ない。

ブロガーは独裁者であるべき。読者の奴隷になってはいけない。

読者は居ないものと思え!
コメント欄も何もかも廃止して自分だけの王国を築き上げるべし。

ブログに馴れ合いは不要。
ちょっと炎上記事を書いただけで離れていく読者なんて俺はいらない。
むしろそんなことくらいで離れていく読者は俺のブログの何を読んでいるのか?と問いたい。
炎上記事もアクセス稼ぎの為の嘘っぱちでただの創作かもしれないよ?

思った以上に物事の本質を見極められない人が多くて残念だ。。

ブログ界の本質は弱肉強食。

あらゆる手を駆使し競合サイトより上位表示し、負けたものを食らうくらいの意気込みが必要である。