無気力雑記

無気力人間の雑感

「働いたら負けかなと思っている」って平成の名言だよな。。

ニートの働いたら負けは名言

今日ニュースサイトを見ていたらこれについての記事が上がっていた。

 

ニートがテレビの取材にたいして答えたこの一言。

働いたら負けかなと思っている

今の僕は勝っていると思います。

 

2004年当時中学生だった俺は衝撃を受けた。

見た目からしてニート感の強い人が言っていたから余計強く印象に残ったし。

この人みたいにはなりたくないと思った。

2chとかでAAもよく貼られていて笑わせてもらった。

この辺りからニートとという言葉がメジャーになっていったと思う。

あの男性が以前ニコ生でスーツ姿で出ているのを見たことがあるけど

今は働いているのだろうか?


f:id:mutr:20190502011202j:image

引用 AA集積場-スマホ版

 

 

働いたら負けな現代社会

昔は理解出来なかったこの言葉だが、今となれば俺も同じような感覚になっている。

結局働いたらどこ行っても上から抑圧されてコキ使われるし

嫌な人間や理不尽な上司はどこに行ってもいる。

社会とは仕事の取り合いや見栄の張り合いで荒狂っている。

一度レールから外れてしまえば、這い上がることは難しい。

そういう意味での「働いたら負け」なのだ。

長い間ニートでいると社会とはどのようなものか忘れがちだ。

今まで職場で味わった数々の屈辱を忘れないようにしたいと思う。

労働問題に中高年引きこもり、「働いたら負け」がより強くなってきている世の中だよな。

ニートとしてGWを過ごしているが、まだ世間が休んでいるからそこまで焦燥感はない。

日に日に体に力が入らなくような感覚はあるけど。

せめて昼夜逆転くらいは直したいところだ。。

関連

ニートでも出来るバイト ウーバーイーツとは? - 無気力雑記

 

凡人から抜け出す為の考え方

最後にブログについて。

月間1万PV公開の効果か、2日連続で1000PVを越えてかつてない程の成長率を見せている。

アナティリスクによると400人も新規ユーザーが増えている。

この調子で続けていけば数字はどんどん伸びていくだろう。


f:id:mutr:20190501234122j:image

反感を買ったせいか、読者離れやスター数減少が起こっているが仕方ないことだと思っている。

上手く行っている人間に対して、イラつきや嫉妬の感情が生まれるのはごく自然なことだ。

着いてくる人だけ着いてこればいいといいと思う。

俗に成功者と呼ばれるような人間は

過激、過剰と言われるような生き様がよく似合う。

やり過ぎなくらいがちょうどいいのだ。

勝つためには利用できるものは全て利用するべき。

情けや罪悪感というものを取り払うことが出来ない人は、一生凡人のまま終わるだろう。。