無気力雑記

無気力人間の雑感

宅建で就職逆転に失敗したフリーターの体験談

宅建士とは?

宅建は人気国家資格で、不動産会社での独占業務があります。
資格手当てが数万貰えてコスパの高い資格です。
宅建士になれば年収1000万も夢じゃない。

毎年20万人が試験を受けて合格率は15%程度です。

 

人生逆転の為に宅建を勉強した


f:id:mutr:20190510181333j:image

宅建を取って人生一発逆転する為に教本を買い漁った。

派遣のライン工をやりながらこんな工場いつか抜け出してやると思いながら必死に勉強した。

 

だいたい8ヶ月くらい勉強して、2017年の10月15日に試験を受けました。

権利関係、相続、借地借家法などは相当勉強した。

漫画形式の教本は非常に分かりやすかったです。

休みの日によく図書館に行って勉強していました。

過去問をやりこんで全ての項目を万勉なく勉強しないと点数は取れないと思います。

 

結果は15点で落ちました。

やっぱ学生やめて大分経ってるので、あんまり点数取れませんでした。

模試ではボーダー超えるくらいの成績を出していたけど、本番の雰囲気に飲まれてしまった。

試験にはスーツ姿の不動産営業マンや大学生とかが来ていて場違い感が半端なかった。

やっぱ仕事やりながらだと全然ダメでしたね。

50点満点でボーダーはだいたい35点くらいです。

これが宅建の勉強で頭がおかしくなっていた時の日記(keepメモ)。26歳の時。

f:id:mutr:20190510180425j:image

中二病でかなりキモいですね。。。

でも俺はこんなやつなんです。

しかしながら宅建で勉強した不動産や相続の知識は将来役立つので無駄ではなかったと思っています。