無気力雑記

無気力人間の雑感

クラウドソーシングがクソだと思う理由


f:id:mutr:20190516182308j:image

昔はクラウドソーシングは文書とかを書いてネットでお金を稼げるから最高とか思っていたけど

ブロガーをやっているとクラウドソーシングはクソだと思うようになった。

クラウドソーシング。略してクソ。

なぜそう思うようになったかを書いていきたいと思います。

 

ウェブライターは文字単価が安すぎる

クラウドソーシングはアフィブログやサイトの運営者が記事を外注するというものなので

基本的には単価が激安である。

今日見ても1500文字400円とかそんな案件ばかりだった。

文字単価で言うと0.3円以下のものが多いです。

ブログをやっているとライターはコスパが悪いということはすぐに分かると思う。

その熱量のある記事を自分のブログにぶちこんだ方が資産になります。

特に最近は50円とか5円のような激安の案件が増えてきている。

クライアントは安く買い取った記事でその何倍もの利益を出している。

なんで俺は簡単なアンケートや200文字くらいの口コミを暇潰しにやるくらいですね。

1000文字以上の案件をやるくらいならこのブログに記事をぶちこみます。

 

クラウドソーシングとは搾取労働である

クラウドソーシングというのは結局は労働で毎日文章を書き続けなければなりません。

その為、ワーカー側は自動化されずに搾取され続けるのです。

楽をしているのは記事を外注しているクライアントです。

外注した記事をアップして放置していればお金が入ってくるのでくっそ楽です。

結局はブラック企業と労働者のような搾取構造が成り立っています。

資金があるならばクライアント側に回った方が良いのです。

 

バイトした方が稼げる

コンビニとかでバイトした方がぶっちゃけ稼げます。

プログラミングとかプロジェクト案件で稼いでいる人もいますが。

タスクだけではたぶん1日1000円も稼げないでしょう。

自分が書ける案件がない時もあります。

給料は安くてもいいから、どうしても社会に出て働きたくないニートにはオススメ。

 

クラウドソーシングに向いている人

・文書を書くのが好きな人

・働きたいけど社会で働くのが怖いニート

・サラリーマンの副業

・暇な専業主婦

・空いた時間にお小遣いを稼ぎたい人