無気力雑記

無気力人間の雑感

大学中退の学歴コンプレックスで悩んだ時期

f:id:mutr:20190529001041j:image

大学中退の学歴コンプレックスがヤバイ

俺はFラン大学を中退しているのだが、学歴コンプレックスに苦しんだ時期がある。
大学中退は高卒である。

やっぱり高卒というのは、大卒より一つグレードが低いというのが俺の中であって
学歴というのは、見た目にも出てくるものだと思っている。

大卒と高卒の越えられない壁。

大卒にならない限り、完全な自分にはなれないのではないのか??
と考えて欠乏感に悩まされ、相当な学歴コンプレックスを拗らせていた。
放送大学のパンフレットを取り寄せたこともあるし
宅建を習得して学歴コンプレックスを解消しようとしたこともあったがダメだった。

なぜ中退したかというと

ネトゲにハマりすぎたのと、滑り止めのFランにあまり通う気になれなかったから。

俺は高校までは進学校だったからFラン大学に通うのはプライドが許さなかったのだ。

今まで正社員面接を何度も受けているけど、書類選考で落とされるし、必ず大学を中退した理由について聞かれる。

やっぱり大学中退者は世間からヘタレの代名詞と見られている。

 

学歴コンプレックスを解消する方法

基本的に学歴コンプは一生モノだが、今は若干マシになった。

学歴を気にするほど余裕が無くなってきたというのと

引きこもりがちの生活になり、人前に出ることが少なくなったからだ。

今は貯金とか食べ物とか自分の生活に直結するものの方が生きていく為には大事だと考えている。
やっぱり世の中、学歴や金よりも大切なものはあります。

コンプレックスというのは一つの物事に囚われすぎていることが多いので、こだわりを無くすことが大事。

それと自分自身が学歴を凌駕するほどの力を付ければコンプレックスは解消されていくと思う。