無気力雑記

無気力人間の雑感

大人は思っている以上にバカである理由


f:id:mutr:20190601024700j:image

大人は思った以上にバカ

実際に自分が大人という年齢になって分かったことは大人は思った以上にバカだったということ。
学生時代はもっと大人というものは賢くて敬うべき存在だと思っていた。
しかし大人になっても子供の頃となんら変わりないどころか、どんどんバカになっているのだ。

周りの大人を見てもそれほど頭が良いと思える人はいない。

 

人間の知能は18~25歳がピーク

人間の知能は18~25歳くらいまでがピーク。

25歳くらいがピークだと思ってググったら本当にそうだった。
30以降は体力、思考力ともに劣化し続ける。
身体のあらゆる機能が加齢により劣化するので腹も出てくるし、気力も弱る。
中年引きこもりが問題になっているようにダメ人間が大人になるとよりダメになる。

大人になると学ばなくなるというのも大きい。

普段から学校で勉強している学生の方が慎ましいしよっぽど頭がいいのだ。

 

若者は大人を尊敬する必要はない。

二十歳の時は、30歳や40歳の人が精神的に成熟した大人に思えたけど全然そんなことはない。

見た目が老けているだけで精神は子供みたいなオッサンはかなり多い。

若者は大人を得体の知れないものと捉え、とりあえず謙遜する姿勢を取る人が多いのだが。

20代の今が一番良くて能力が高いのだから、歳上を人生の先輩と敬う必要はない。
輝かしい未来なんてありませんから(^^)v