無気力雑記

無気力人間の雑感

なぜ退職代行サービスは人気があるのか?

 4月に入った新卒社員はそろそろ仕事に慣れて来たところだろうか?

 退職代行はゴールデンウィークの10連休明けに殺到したらしい。5月病の影響かな?

目次

円満退職をするのは難しい

俺は仕事を15社以上転々としてきたが、円満に退職出来たことはほとんど無い。

大抵は派遣会社に仲裁に入ってもらったり、何か問題を起こして仕事を退職してきた。

バイトを辞めたいと電話したら、最後に捨てセリフを吐かれたこともある。

仕事が合わないと感じるならなるべく早い内に見切りをつけた方がいい。

長く居れば居るほど、辞めたいと言い出すことが難しくなる。

うまくいけば電話一本で辞められることもあるけど、残ってくれと説得されることもあるだろう。

会社を辞めたくなる時というのはもう既に人間関係やらが悪化している状態だ。

辞めたいのに月末まで待てと言われて、出勤するのは周りの目がしんどいでしょう。

 

数万を払ってでも会社から逃げ出したい人が退職代行を利用する

もう会社にも行きたくないし、上司が怖くて辞めるともいいづらい。

そんな人が退職代行を利用している。

退職代行が会社に辞めたいという意思を伝えて、本人は次の日から会社に行かなくても良いというもの。

法的には会社は退職をさせないという権利は無いのでほぼ100%辞められる。

退職代行の相場は3万円前後。

普通に考えて仕事を辞めるだけでこの価格は高いと思うけど

きっぱり辞められるなら安いと感じる人も居るでしょう。

数万円を払ってでも、今すぐ会社から逃げ出したいという人が退職代行を使うのだ。

 

ブラック企業はさっさと逃げ出すが吉

日本の会社で働くということはしんどいし、消耗する。

経済大国にも関わらず幸福度ランキング下位。

労働時間の長さも問題になっているしパワハラが横行している会社もあります。

そんな会社で働いていると不幸になってしまいます。

俺も社会で働くと辛いのが分かりきっているからニートを続けているし

アフィリエイトなどで生きていく道を模索しているわけです。

身体と心を蝕むブラック企業はさっさと辞めるべき。

 

社畜辞めて自由になりたい人は退職代行をどうぞ。

 退職代行アルマジロ