無気力雑記

無気力人間の雑感

世間体を気にしすぎる臆病な日本人について



f:id:mutr:20190617021533j:image

 

人の目を気にしすぎる臆病な日本人

外に出て思うのが、みんな人の目や世間体を気にしすぎだということ。

立派な大人、社会人に見られるようにフォーマルな服を着て外出したり。

サラリーマンだと、清潔感の為に髪を短く刈り上げたり。

みんな個性を押し殺して、人によく見られるような自分を演出している。

そして社会に埋没するようにして生きている人が多い。

 

あとマスクを付けている女性が凄く目に付く。

あれはスッピン隠しとか風邪を引いているとかではなくて、顔を隠して心理的に安心したいだけだと思う。

芸能人でも無いのに自意識過剰すぎなんだよな。

 

他人に付け込まれないようにしてみんな生きている。

大人になって1番感じるのはココ。

 

出る杭は打たれる。嫉妬の国。日本

それは社会生活によって、1番怖いのは他人であるということが染み付いているからである。

生きていく手段が労働しかない人は、揉め事を起こして仕事をやめると収入が0になる。

だから大半の人はなるべく集団の中で波風を起こさないように、無難に振る舞う。

 

掲示板を見ていると分かるけど目立つ人や収入が多い人は叩かれがち。

出る杭は打たれる。日本は嫉妬の国なのだ。

 

気持ち悪い存在であることを受け入れる

かくいう俺も社会が怖くて引きこもりになったり、女性恐怖症を発症したりと

人の目を気にしまくっていた時期があったけど

だいぶ心の傷が癒えてあんまり人の目が気にならなくなった。

昼間から普通に外出するようになったし

あいつキモイとか言われても、その場限りだし気にしないことにしている。

世間体を気にしていたらニートなんてやってられません。

女性から気持ち悪いと生理的に嫌悪されることが逆に心地よくなってきたし

今の俺にはネット収入があるので、仕事を辞めても強気でいられますね。

 

嫌われてナンボや。世間体は気にするな

嫌われてナンボという言葉もあるし、

他人に批判されたり嫌われたりすること自体は何も問題はない。

通りすがりに殴られたり、金を取られたりするわけではないですから。

世の中は損と特によって成り立っています。

嫌われることを恐れていると何も得られないので機会損失になります。

正社員じゃなければダメ。結婚して1人前。

実家暮らしは恥ずかしいみたいな世間一般の価値観はあるけども

世間体に縛られてやりたいことがやれないのは勿体ないですね。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え