無気力雑記

無気力人間の雑感

イケダハヤトとマナブの比較。天才ブロガー対決。

大物ブロガーであるこの二人を比較していきたいと思う。

イケダハヤトとマナブの比較

イケダハヤトの特徴

・インテリメガネにハンチング帽

・仮想通貨や社会問題に詳しい

・質より数。新しいニュースを誰よりも早く出す。

・炎上商法が得意

・高知の限界集落で生活

・最近ブログが手抜きで動画に注力

 

サラリーマンをバカにするような炎上はイケダハヤトの特徴だけど、最近は控え目になっていると思う。

Youtubeではイケハヤ大学、仮想通貨、ゲームと3つのチャンネルを持つ。



f:id:mutr:20190627062416j:image
引用 公認フリー素材

 

マナブの特徴

・20代のイケメン。研ナオコ似

・自己啓発系コンテンツが中心

・プログラミングが得意

・バンコクで生活

・4年前の自分に対してブログを書く

・毎日更新を400日以上継続中

 

マナブの場合、バンコクに住んでいるということが大きな差別化になっている。

顔がイケメンだからYoutubeでも10万人のチャンネル登録者を獲得することに成功。

 

イケダハヤトとマナブ。天才はどっち?

イケダハヤトは天才

これに関しては圧倒的にイケダハヤトだと思う。

仮想通貨とか金融の知識が半端ない上に、ニュースに対する反応速度が速い。

そしてよくわからないソーシャルメディアにも詳しい。

大学生くらいの若いブロガーはイケハヤ並に金融の知識が足りないから誰一人として勝つことが出来ない。

金融は一番稼げるジャンルだし、イケダハヤトは案件を取りに行くのが上手すぎる。

変化力が高くて上手くnoteとか新規事業を取っていくようなタイプ。

イケダハヤトは情報発信者として必要な能力を全て持っており、天才的。

ちなみに俺はイケハヤ信者。

 

manabuはまだまだこれから

マナブはイケハヤに比べるとまだキャリアが圧倒的に短い。

自己啓発系が儲かることに気付いて、そっちの路線に注力しているイメージ。

正直、話している内容はたいしたことない気がするし、誰でも真似出来そう。

ただルックスはマナブの方がイケてるので動画で戦うならマナブに軍配が上がるでしょうね。

youtubeはキッズが多いからイケメンが人気が出る傾向があり、オジサン臭いイケハヤはあんまり伸びていない。

どちらと友達になりたいかといったらマナブの方がいい。イケメンで性格も悪くなさそうだし。

Twitterを見ていても女性ブロガーはだいたいマナブの事が好き。

 

まとめ

労働者をバカにするという点は共通している。

どっちも凄いけど、天才はイケダハヤト。

イケメンなのはマナブと言った感じですね。