無気力雑記

無気力人間の雑感

キモオタがメイド喫茶通いを二年間続けた結果

24歳頃、俺はバイトが休みになるとメイド喫茶に通っていた。

今日はその時のことを書いていきたいと思う。

 

 

f:id:mutr:20190808175002p:plain

メイド喫茶はオタク向けのガールズバーである

初めは地元にメイド喫茶があるという噂を聞いて、一人で店に入っていった。

そしたらテーブル越しに数人メイドが居て、簡単なルール説明の後オーダーを頼んだ。

飲み物を持ってきた際に手でハートマークを作って萌え萌えキュンとやらされた。

その後は10分交代くらいで4~5人のメイドがほとんど休み無しで話しかけて来た。

メイド喫茶は客とのコミュニケーションを売りにしているようだ。

メイド喫茶はオタク向けのガールズバーといった感じで疑似ハーレムを体験することが出来る。

学生時代に女子と会話することが無かった自分はハマってしまい週1くらいの頻度で通うようになった。

1回のメイド喫茶で、20年分女子と会話できたのだ。
メイド喫茶は思った以上にコミュ力が必要で店から出た直後は妙に自信がみなぎっていた。

メイド喫茶の店内はアニメ映像が流れていてまさにオタクの桃源郷である。

 

メイド喫茶の料金は?

料金は1時間で1000円くらいなのでキャバクラなどに比べると格安。

金のない大学生やオタクに優しい料金設定となっている。

ただ飲み物やフードが高めでチェキを撮ったり色々とオーダーを頼むと料金が高くなる。

これがボッタクリと言われる所為だろう。

 

メイド喫茶の店員はかわいいのか?

メイドといってもその辺に居そうな女の子がバイトしてる感じ。メイド服補正でかわいく見えるというのはある。

レベルは高くないが、キャバクラと違いオラオラ感がないところが良い。

メイドというだけあって少し控えめで奉仕精神に溢れたキャラクター設定なのだ。

メイドと客が付き合っているとかの噂が掲示板であったが、俺はそういうのは一切無かった。

なぜかイケメンの男が常連で来ていてやっぱりメイドにモテてて少しイラついた。 

 

f:id:mutr:20190810140255j:plain



メイド喫茶に来ている客の傾向

客はもちろんオタクが多いけど一般の人もいる。

社会人、大学生、観光客と色んな人が来ている。

オタクは意外と社交的で隣に座ると話しかけて来るし、仲良くなってカラオケに行ったこともあった。

俺は自分ではオタクではないと自負していたが、周りから見たらキモオタに見えていたのかもしれない。

メイドとカラオケ採点バトルが出来る

メイドと500円でカラオケバトルというのが出来てほぼ毎回歌った。

俺は10年以上ヒトカラに通っていて精密採点のコツを知っているからほとんど勝てた。

メイドに採点バトルで2連続で勝つとチェキを撮ることが出来る。

メイドはカラオケ帳みたいなのを持っていてそれをよく話のネタにしていた。

カラオケを歌いにメイド喫茶に行っていたようなものだ。

 

 まとめ 

メイド喫茶は自分にとって第二の青春、モラトリアムといった感じ。

学生や社会人で安く楽しみたい人にはいいと思う。

もう3年は行ってないけど若かりし頃に優しくしてくれたメイド店員には感謝している。