無気力雑記

無気力人間の雑感

30歳職歴なしになって分かったこと。節目で起こった変化

ついに無職のまま職歴(派遣とバイトのみ)無し30歳になってしまった。

30という節目であった変化や分かったことについて書いていきたいと思う。

 

「無敵の人」になり幸福感が増した

20代の頃は守るべき未来があったから無職でも無敵感は無かった。

今、職歴無し30歳になりこの「無敵の人」の感覚が身を持って分かるようになった。

常に変な高揚感に包まれている感じ。社会的には詰んでいるが、逆に自由度が上がった。

底辺ではあるけど何も失うものが無い分、怖いものが無くなった。

その結果、精神的には20代の頃より精神的な幸福感が増していると感じる。

20代と比べると明らかに人生のステージが変わった。

まだ30になったばかりなので急な変化に戸惑っている部分はある。

 

正社員はおろかバイトすら無理

職歴無し30歳は正社員はもちろんのことバイトとして社会復帰するのも厳しい。

20代ならどこ行って歓迎されるから社会復帰は容易だが、 普通に考えて30歳にもなって高校生と肩と並べて働くなんて出来ない。

そして職歴無しの30歳を誰も雇いたいと思わないから面接受けても落ちるだろう。

警備、介護、飲食、土方辺りなら可能性はありそうだが、そもそも働きたくないのだ。

派遣社員ならまだ採用されると思うが、今まで通り工場を転々とするのがオチ。 

中年ひきこもりが増えているのは、受け皿が無く社会復帰のハードルが高いからである。

30歳の節目で起こった「断捨離」

30歳になる前に身の回りで不思議なことが色々起こった。

その象徴となるものが「断捨離」である。

新しいPC。ネット回線。トイレの新調。部屋の壁紙の貼り替え。

机やイス。ブログのアイコン、ゴミ箱、服

古いものが壊れて、身の回りのあらゆるものが新しくなった。

これはスピリチュアル的にいうと運気の流れを変える為に断捨離が起こったと考えられる。

 こういうことが起こるとやはり人生は生まれる前から決まっているのではないか?と思ったりする。

 享楽的に生きるようになった

未来に期待して生きるのは無意味だということが分かったから今を享楽的に生きるようになった。

ハタチの頃の俺からすると30歳の今が将来なわけで、40歳になってもたいしたことになっていないと思う。

グルメ、酒、女、ギャンブル(タバコはしない)などなるべく自分が楽しいと思うことをして生きている。

今日より若い日は無いということを認識出来れば、「イマ」を無駄にすることは無くなる。

 f:id:mutr:20190815203714j:plain

最後に

人生は詰んでも終わらない。詰んだまま何にも無い日々が進行していくだけ。