無気力雑記

無気力人間の雑感

サラリーマンのブログはつまらない理由。副業でブログをやると失敗する

f:id:mutr:20190917132936j:plain

 

サラリーマンのブログはつまらない

サラリーマンのブログというのは本当につまらない。

自分がチェックしているブログは「無職ブログ」とか専業ブロガーがほとんどでサラリーマンのブログは読んでいない。

少し読み始めてもやっぱりつまらないとすぐ読むのをやめてしまうし、ニートのブログを読んでいる方がよっぽど面白い。

 

副業感覚でブログをやると失敗する

副業感覚で運営しているブログというのは、どうしても本気度が感じられない。

なぜサラリーマンのブログがつまらないかというと、肩書きや家族。守るものがあるがゆえに「攻めることが出来ない」から

働きながらブログをやっていると「会社の人にバレたらどうしよう」とか「どうせ本業の収入がある」という考えからクリエイティブで攻めた記事を書くことが出来ない。

こんなことを書いたら人に嫌われるんじゃないか?という消極的な姿勢は一番マネーに嫌われる原因になる。

ブログは建前ではなく、本音を語らなければならないのだ。

また、基本的にサラリーマンブログというのはビジネス方向に走りがちである。

個人ブログは素人感が良いのであって、ビジネス臭さは求められていない。

 

f:id:mutr:20190917233630j:plain

 

 会社員という生き方のくだらなさ

会社員として生きるということは、集団に埋没する協調性のある人間でなければ生きていけない。

休憩時間でも狭い喫煙所に入って談笑したり、そんな人当たりが良い人間が周りに好かれ職場で生き残る。

俺は会社コミュニティの狭い人間関係や同調圧力。そういう窮屈かつ不自由なところが嫌だ。

ブログがつまらないということはそいつの生き方自体がつまらないということ。

つまり多数派であるサラリーマンという生き方は多くの人にとってつまらないのである。

 

クリエイターは大衆に共感されてはならない

発信者というのは大衆に共感されてはならない。

共感されるということはその考えは古くからある価値感であり、新しい価値観ではないから。

新しい価値観とは多くの人にとって理解できないものだ。

世の中へ問題提起をして、そこに批判意見も生まれる状態が理想的である。

 

社会不適合者はブロガーに向いている

引きこもりニートという社会から脱線したレールを歩むことはかなり勇気が要る。

日本人は周りと同じであるということが良きとされ、少数派を排除しようとする風習があるから。

しかし思考の屈折したニートや社会不適合者の方がブロガー(表現者)には向いていると思う。