無気力雑記

無気力人間の雑感

軽減税率対応レジはいらない。セルフレジを増やせ【消費税10%】

f:id:mutr:20191001180140j:plain

消費税増税に伴って、軽減税率対応レジが導入されたようだ。

 

よくわからないが、ややこしい増税の仕方をしたなという印象。全部10%の方がよかったのではないのか?

消費税増税により日本国民は買い物をしなくなり、不況になっていくだろう。

消費税10%なら100万円の買い物をしたら消費税10万。大きな買い物をすればするほど税金を取られる。

 

消費税は最終的に20%くらいまで上がってもおかしくはない。とにかく税金を上げて借金返済の財源を捻出しようと必死な感じ。

日本の国会議員の年収は世界一。

増税する前に高すぎる国会議員の給料を半分にして、公務員をボランティア化させればいい。

結局、政治家が豊かに暮らせるシステムを作って、国民のことはあまり考えられていない。

結果、貧乏な一般庶民にしわ寄せが来て生活がどんどん苦しくなっているだけ。

まあこういう搾取構造はどこの世界でも一緒だろう。

強い者が弱い者を支配する。動物界の本質は弱肉強食なのである。

 

というか、軽減税率対応レジは要らないからセルフレジを増やして欲しい。

コンビニが全部セルフレジになればどれだけ買い物しやすくなるか。

買い物をするとき店員と関わらないといけないのが微妙に気まずいし、レジ業務は無人でも十分成り立つだろう。コンビニオーナーがレジバイトを雇う人件費も浮く。

セルフレジを導入しているスーパーはあるが、コンビニ、飲食店にもセルフレジを導入するべき。

最終的にはコンビニは大きな自動販売機みたいになればいいと思っている。