無気力雑記

無気力人間の雑感

人生の転換期にはどん底が訪れる。引きこもりとスピリチュアルの出会い。

f:id:mutr:20191008140321j:plain

2018年の5月頃、俺はまさにどん底だった。

食品工場でいじめられて辞めて社会不安になり家に引きこもっていた。

この時、全く人生に希望が持てなかったし将来に対する焦りで苦しかった。

 

その時に俺が興味を持ったのが「スピリチュアル」だった。

スピリチュアルについて本を読んだり、ネットで調べまくった。現実が上手く行かないから精神世界に癒しを求めていたのだ、

そしたら人生の転機にはどん底が訪れ、「物凄く辛い経験」をすると書いてあった。

なぜこのような出来事が起きるかというと、次のステージに行く為に魂レベルを上げる必要があるからだ。

そして今が転換期で、人生のどん底であることを確信した。

 

その後精神科にお世話になり、障害者就労施設で1週間働いて徐々に社会復帰した。

 

2018年10月俺は派遣の工場を3社短期で転職してまたどん底引きこもりに陥った。

この時はもう人生終わったなと思い、毎日酒を飲んでyoutubeを見て誤魔化すだけの日々だった。

そしてベッドで寝たきりの日々を過ごす中、「無気力雑記」を開設。

 

その時に作ったブログは1年間続けて、思った以上に自分にとって大きなものとなった。

ブログ、SNSの発信を1年間続けたら、実生活にも影響を及ぼすようになった。

インターネットの情報発信は人生を変えるほどの力がある。

 

もう一つの転機は30歳になる前にFXを始めて10万を溶かした。

FXでお金を失うのは「物凄く辛い体験」だったし、これも分かりやすい転機だったなと思う。

身の回りの物が壊れたり、新調されて分かりやすい「運気の転換」が起こった。

 

そして現在引きこもりには違いないが、あのどん底だった状況に比べると希望が持てているし、良い方向に進んでいると思う。

特に将来への不安もなく、日々考えつつも好きなことだけをやって生きている。

 

インターネット上に収入減を確保できているのが大きい。

年々、ネット環境は最適化されてきておりネットで働いた方が楽に生きられる。

 

もはや副業は当たり前の時代になっているから、やらなければ損をする。

ブログはオワコンと言われているが、これから10年廃れることはないだろう。

ブログの方向性だが、何か1つのテーマに特化する気はなく自分が書きたいと思うことだけを書いていきたいと思う。

 

人生の転換期にはどん底が訪れて、そこから少しずつ好転していくものだ。

今、不幸のどん底に居る人は、それが永遠に続くものではなく何らかの突破口があり道が開かれていくものだということを知って欲しい。