無気力雑記

無気力人間の雑感

批判的思考を持ったアンチへの対処方法について書いていく。

f:id:mutr:20190925171949j:plain

批判的思考を持ったアンチに対する個人的考え方について書いていきたいと思う。

発信しているとアンチは必ず付いてくる

ネットで活動していてある程度有名になってくるとアンチ、誹謗中傷は避けては通れない道。

今まであらゆるネット活動をしてきたが、掲示板に悪口を書かれたり叩かれることはよくあった。

俺は2chと共に青春を過ごしてきた生粋のネラーだが、最近は意識的に見ないようにしている。

批判的思考を持っている人間は自分の人生が上手く行ってないから、他人の揚げ足を取ることを生きがいにしている。

そんな人間が集まっているところに行っても、自分も同じレベルになってしまうだけである。

 

 アンチや誹謗中傷は見ない、無視をする

アンチや誹謗中傷は見ないのが一番である。

ネットでは実際に目の前にいるわけではなく、ただの文字だから見なければ無害なのだ。

アンチは良く言うと熱狂的なファン、熱心な読者でもある。

アンチには宣伝効果もあるから、アンチ自体は上手く付き合っていけば悪いものではないし養分にもなる。

コンテンツを発信している側と消費する側では発信者の方がレベルが高いのは言うまでもない。

アンチ、批判というのは見ない、シャットダウンする。これが一番である。

これだけで上手く行ってるときに調子を崩されないし、精神も安定する。

ブログのコメント欄を閉鎖する

主にアンチはブログのコメント欄などに現れる。ブログにコメント欄、慣れ合いは不要だと思っている。

俺にとってブログは神聖な場所であって、暇人のチャットルームではないのだ。

特に無職系ブログという体でやっているとそういう人間を引き寄せやすいように思える。

 同ジャンルのブログを見ているとクソみたいなコメで溢れかえっている。

そういうのを見るとうわぁぁ・・・俺のとこもこんなんなったら嫌だなって思う。 

 アンチが付くのは実力がある証拠

アンチが付くということは、ある程度知名度と実力がある証拠である。

上手な人は意図的にアンチを集めることによってマネタイズしている。

しかし悪意のあるコメント、書き込みによってメンタルを崩したり活動を辞めていく人も居る。

ネガティブな言葉というものは想像以上にエネルギーが強いのだ。飲まれないように気を付けなければならない。

アンチは上手く付き合っていけば良いスパイスにもなる。

発信者は「痛い人」に見えるくらいが丁度良い。

他人から「あいつは痛い」と思われることは悪いことではない。

アンチや批判によりしょぼくれて発信者としての牙を失うことが一番ダメなのである。

インターネット発信者は自分を尖らせてナンボ。

なるべく多くのバズを引き起こし、より自分が注目されるようにした方がいいに決まっている。

アンチや誹謗中傷という小石に耐えることが出来れば、今後大きく成長する可能性が高いだろう。