無気力雑記

無気力人間の雑感

底辺youtuberをやり続ける理由。収益ないのに意味あるの?

f:id:mutr:20191125003350j:plain


なぜ俺がチャンネル登録者10人程度の底辺youtuberをやっているのかということについて書いていきたいと思う。

 

 

youtubeはブログの一部

ブログテキストだけだとどんな人が書いているのか伝わらないところがあるからyoutubeをやっている。

ブログというものは文章から読者が勝手に書き手の人物像というものをイメージしている。

その為、誤解されて認知されることが多いのだ。引きこもりニートだから大人しいとかうつ病でメンヘラだとか。

例えば、引きこもりニートなのにギターが弾けたり、運動神経抜群だとしたらどうだろうか?

たしかに俺は社会不適合者特有のひねくれた思考を持っているけど、悪い面ばかりではない。

自分というものを正しく認知してもらう為にyoutubeをやっているのである。

あと、趣味や好きなことを発信するならブログよりyoutubeの方がやりやすい感じている。

www.youtube.com

 

Youtube収益化方法はいくらでもある

チャンネル登録者数10人のyoutubeチャンネルは収益化も出来ないし稼げないと思っている人は「発信の本質」を理解していないと思う。

情報発信というものは無償だからこそ価値があり、youtube側で収益が入って来なくても何らの形で返ってくる。

youtubeはブログのテキストより音声もしくは動画であるから伝わりやすいし情報量が多い。

またyoutubeの収益化は動画広告以外にも、amazonアソシエイトや商材販売、line@等いくらでも方法はある。

チャンネル登録者数が少なくても、seo対策を施していれば過去動画が長期的に見られる。

ビジネス系youtuberが流行っているが、色んなジャンルの動画を作って資産になる動画を蓄積させていきたいと思っている。

 

有名になりたいから

はてなブログで少しばかり有名になっても街中で声を掛けられることも無いしリアルではほとんど旨味がない。

youtuberならチャンネル登録1000人程度でもそこそこ顔覚えられたりすると思うし、動画の方がリアルに近い。

簡単に言うと、顔出ししないブログはどれだけ有名になっても出会いに繋がりにくいのだ。

正直、ブログは1年間コミットしてある程度上手く行ったから、youtubeも1年間やればそれなりのものになると思う。

 またyoutubeからブログに興味を持ってもらったり、Twitterのフォロワ増加に繋がったりすることもある。

正直、ブログだけしかやらない人は勿体ないし、発信者としては芯が弱すぎると思ってる。

凡人が何者かになりたいのであれば、様々な媒体で発信して身売りをしていくべきである。