無気力雑記

無気力人間の雑感

底辺から這い上がる為の具体的な方法【底辺ブログ】

f:id:mutr:20191215223701j:plain

底辺から這い上がる為の具体的な方法について書いていきたいと思う。

まず、社会の底辺とは

・定職に就かず、派遣やバイトをしている

・無職・ニート

・貧乏家庭 ホームレス

こういう人達のことである。

これらの人が社会の底辺を脱出するにはどうすれば良いか書いていきたいと思う。

 

派遣・バイト体験談をブログに書いて稼ぐ

派遣やバイトの体験談をブログに書いて、Googleアドセンスやアフィリエイトで稼ぐ。

サラリーマンブログよりも派遣やアルバイトの体験談というのはよく読まれる傾向がある。

なぜなら、世の中は底辺職で働いている人間の方が圧倒的に多いからである。

ただ単に、派遣の日記を書けば稼げるというわけではなく、SEOやライティングの知識は必要。

生活保護やホームレスの人なら、その様子を撮影してコンテンツ化すればそれなりに稼げる。

ブログというのは「個性」が非常に重要で底辺職に就いているということは大きな強みになる。

期間工ブログで月100万円以上稼いでいる人もいる。

バイト、派遣等の仕事系ジャンルはアフィリエイト広告が多く収益化しやすいのである。

根本的な意識改革が必要。

「社会の底辺の人とは関わってはいけません」という主婦ブログが昔、話題になったが

少しでも底辺から這い上がりたい人は社会の底辺の人とはなるべく関わらない方がいい。

底辺職の休憩所はパチンコとソシャゲ課金の話しばかりで、意識が低すぎるからである。

社会の底辺の人と日常的に関わっていると、知らぬ内に底辺思考が染みつきますます泥沼にハマっていく。

つまり、底辺から抜け出すには根本的な意識改革が必要なのである。

2ちゃんねるのようなネガティブな言葉が書いてある掲示板もなるべく見ない方がいい。

思い切って底辺職を辞めてしまうというのもアリ。自分の時間が多く取れるようになるから考え方も変わる。

無職から這い上がる方法とは?

実は働いている底辺というのは非正規ブログで稼げる見込みがあるだけまだマシだ。

本当に厳しいのは就労経験の無い、引きこもりニート(無職)。

働いていない無職というのは日常に変化が少ない為、ブログに書くネタに困ることが多いのである。

俺はバイト派遣の経験があるが、「スピリチュアル・自己啓発方向」に走るというのをよくやっている。

自己啓発書を読んで学んだことをブログに書いてコンテンツ化すれば良い。

ブログ以外ならプログラミングを学習してエンジニアになるのも良いだろう。エンジニアの需要は年々、高まって来ている。

これだけは言えることだが、結局はやるかやらないかなのだ。何も挑戦していない内から人生を諦めてはならない。

底辺は基本的に無学だから勉強と実践を繰り返してスキルを身に付けていくのが王道である。