無気力雑記

引きこもりニートの雑記

貧乏人が教える金持ちになる5つの方法

f:id:mutr:20191222144432j:plain

最近、俺は成り上がる為にお金に関する勉強をしている。

色んな書籍を読んで、お金持ちになる方法が分かったから書いていこうと思う。

 

お札を逆向きに入れる。

お札を逆向きに揃えて入れることによってお金が逃げていきにくくなる。 

お金を雑に扱うと金は逃げていく。お金様を尊敬するという気持ちが大切なのである。

貧乏人とはお金に対して悪いイメージを持っていて、ほぼ例外なく下品だ。

これは自分も実践しているが、お金を大切にしようという気持ちが

お金持ちの醸し出す品格のようなものに繋がっていくと感じている。

物を捨てる・断捨離

金持ちの9割はミニマリストと言われている。

金持ちの部屋は広々としていて何もないのが特徴。

要らない物は負債を生み出すコストになるから思い切って捨ててしまうのが吉。

不要なものを全部捨てられるくらい行動力がある人が成功しやすいのである。

高級品・ブランド物を身に付ける

金持ちはやたらと高級品やブランド物を身に付けたがるが

高級品・ブランド物を身に付けると常に「一等賞」の気分で居られるという効果がある。

一等賞効果といって、自分が一番であるという気持ちを持つのはビジネスにおいても重要。

服装や身に付けるものというのはもろに行動に影響する。

金持ちはどこに行くときでも外出時はジャケットを羽織る。

ジャケットを着ていると世間体が良く、人間関係で優位に立ちやすいからである。

資産になる労働をする

金持ちになるには資産になる労働をやらないければならない。

サラリーマンは労働力の切り売りしているだけだから、いつまで経っても楽にならない。

資産になる労働とはブログ、youtubeのようなストック型の情報発信である。

情報発信はレバレッジが効くから、収入を青天井に伸ばすことが出来る。

ストック型の労働をすれば、最初は稼げないが資産が積み重なると徐々に楽になっていく。

自己投資にお金を使う

貧乏人は稼いだお金を消費、貯蓄に回すのに対して

お金持ちは稼いだお金を貯蓄よりも自己投資につぎ込む。

自己投資でスキルを伸ばしてさらに収入を伸ばすというのを繰り返す。

また、収入の何割かを投資に回してお金に働いていてもらう状態を作る。

お金持ちは「いかに楽をしてお金を稼ぐか」を考えているのである 

まとめ

まあ簡単にお金持ちになれるなら、誰も苦労しないわな(笑)

お金持ちになりたいのであれば、方法論だけではなくお金の知識は必須である。