無気力雑記

無気力人間の雑感

アウトプット効率を最大限に高める5つの方法

f:id:mutr:20191224124933j:plain

アウトプットの効率を最大まで高める方法について書いていきたいと思う。

 

発信媒体(プラットフォーム)を多く持つ

ブロガーはブログしかアウトプットする媒体を持っていないイメージだが

note、Twitter、インスタ、youtube、のように横展開して様々なプラットフォームで発信をするとアウトプット効率が上がる。

発信媒体がブログだけの場合、圧倒的にアウトプット不足の状態に陥りやすいのである。

アウトプット量(行動量)が増えれば、当然稼げる金額も大きくなる。

音声でもアウトプットしろ

テキストによるアウトプットよりも音声や動画の方が情報量が多くてよく伝わる。

「ラジオトーク、ボイシー、spoon」のような音声配信が出来るアプリも出てきている。

テキストによる発信は限界があるし、表現が攻撃的になりがち。

ブロガーって小心者のわりに陰湿で他者に対して攻撃的な人が多いんだよね。

ブログは愚痴を吐く場所ではない。それでは2ちゃんねらと大して変わらないよ。

youtubeも台頭してきているし、今後、喋ることが出来ない発信者は淘汰されていくであろう。

アウトプットがアウトプットを生む

実はアウトプットする為にもアウトプットが必要なのである。

インプットするだけでアウトプット出来ない人を「インプットデブ」と言う

アウトプットすることによってフィードバックが得られ、新たな発信に繋がる。

アウトプットの効率を最大まで高めるには「情報の循環」を作ることが大事だ。

1のアウトプットには10のインプットが必要

1のアウトプットを生み出すには10にインプットが必要と言われている。

そもそもアウトプットが出来ない人はインプット量と知識が不足しているのである。

インプットする方法はテレビ、ブログ、youtube、kindle書籍など様々なやり方がある。

インプットも奥が深いのだが、流し読みして必要な情報だけを仕入れると効率が良い。

露出を増やす

露出を増やすというと怪しく聞こえるかもしれないが

ネットで情報発信をするだけではなく、リアルで外出したり人と話したりするのもアウトプットになる。

自分は効率的にアウトプットしたい場合、イオン、駅前のような人が沢山居る場所へ行くようにしている。

リアルでのアウトプットは田舎より人が多い都会の方が有利になってくる。

アウトプットを高めるにはネット、リアルにおいてバランス良く露出を増やすことが大事。

まとめ

・発信媒体を多く持つ

・音声でもアウトプットする。

・アウトプットがアウトプットを生む。

・インプット量を増やす

・露出(外出)を増やす。