無気力雑記

無気力人間の雑感

セルフブラック企業と化した引きこもりニート

f:id:mutr:20200110005451j:plain

最近の自分の一日の生活を振り返ると、一日16時間は働いているなと思ったのでそれについて。

 

 

セルフブラック企業の1日ルーティン

朝は10時に起きて、ブログを更新して、スーパーに行き弁当を買って車の中でYOUTUBEを撮影する。

帰ってきたらNOTEを更新して、アフィブログを更新して夕飯食ってカラオケアプリで歌う。

そして、基本的に1日中ツイッターを監視している。深夜の4時にkindle書籍を読みつつ北枕で就寝する。

ブログ、YOUTUBE、ツイッターを仕事と呼べるのかは分からないが、好きなことだから何時間やっても苦にはならない。

こういうアウトプット中心の毎日を送っているから充実感はそれなりにある。自己成長も感じられるようになった。

それと同時に発信疲れをしており、毎日物凄い負荷がメンタルに掛かっている。

ネットで稼いで生きていくのは、決して楽ではない。かなりのメンタルの強さが求められる。

ブログの読者は俺のツイッターは見るな!

ブログの読者の人はあまり俺のツイッターを見ない方がいいかもしれない。

インフルエンサーに絡んだり、思いつきで過激なツイートをよくするからだ。

最近、交流をすることに抵抗が無くなりユーチューブ等でも他人の動画によくコメントをしている。

いいね通知を見るとたまに女だったりするが、発達障害とかニートだったりゴミ屋敷に住んでいたり俺に近づいてくる女はヤバイやつしかいない。

類は友を呼ぶとはこういうことなのだろうか?反応をくれるのは嬉しいことなんだけど。

ちなみに自分はストライクゾーンが広いから主婦でも発達障害でもアラフィフでもなんでも行ける。

ついでにユーチューブも見ない方が良いかもしれない。

ブログというものは「静の領域」である為、動画を見ると世界観が崩れる可能性が高いからである。

ブログにはブログテキストの良さというものがあるのだ。

ニートでも社会貢献できる。仕事が無いなら自分で作れ

結局、人は何らかの形で社会貢献をしながら生きなければ、何のために生きているか分からなくなり無気力になっていく。

家に引きこもってウンコするだけで何も生み出さずに毎日過ごすと間違いなく鬱になる。

引きこもりやうつ病になってしまう人間は圧倒的にアウトプット不足なのである。

自由すぎる生活をしていると堕落する。日々、それなりに自分を律していく必要がある。 

引きこもりニートでもインターネットを通じて発信すれば社会貢献を感じられるのだ。

仕事が無いのなら自分で仕事を作り、俺のようにセルフブラック企業と化すれば良い。