無気力雑記

フリーターニート向けのブログ

炎上系ユーチューバーは嫌い?俺の戦略を語る。

 

youtubeではテーマを特化させることなく、便乗ネタを中心に動画を上げている。

 

ユーチューブの良いところはスマホ1発撮りでアップ出来る手軽さ。

スマホ1発撮りと芸能人やユーチューバーの便乗ネタは非常に相性が良いのである。

拘束時間でいうと10分以内で圧倒的に効率が良くて、量産も効く。

楽に再生数が稼げるから炎上系ユーチューバーのほとんどはこういうスタイルでやっている。

 

特に無職やニートを強調してやっていこうとは思っていない。

ブログで散々やったネタだし、マンネリ化していくジャンルだからだ。

 

最近よくやっているのがユーチューバーについて語るネタだ。

なぜユーチューバーネタが良いかというと、

再生数が稼ぎやすいのと、そのユーチューバーの視聴者を取り込むことが出来るからだ。

 
炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則

 

このシバターの本を読んで影響を受けたというものある。

本書でシバターは「youtuber素人説」を説いている。

自分がyoutubeで成功出来たのは運が良かったからだ。YouTuberなんて全員素人であると。

これには自分も同意である。ユーチューバーなんて皆素人だから薄っぺらいし、中身も無い。

逆に中身空っぽでも、運が良ければ成功できるのがユーチューブなのである。

よく俺も薄っぺらいと表現されるが、薄っぺらいのは事実だしそれで良いと思っている。

 

あと俺はツイッターとブログにリーチを持っているから100~300再生程度なら容易に稼げる。

一発当たれば数千再生くらいまでならいけるだろう。

そして動画を投稿する度に認知度が上がり、フォロワー増加に繋がる。

 

先日、あいぽんの毎日の動画に低評価が20個以上付き、自分は炎上系ユーチューバーの素質があると確信した。

低評価でも高評価でもユーザーの感情を動かしボタンを押させるというのは大切なことなのだ。

 

ヒカキンのような大物ばかり注目されるから感覚が麻痺しているが1000再生でも結構凄い。

底辺ユーチューバーをバカにするやつは自分でユーチューブに動画を上げてみれば良い。

そこいらの無名ブロガーがやっても0~30再生が関の山だろう。

 

俺は何も挑戦しない癖に、批判だけ一人前のやつが一番嫌いなのだ。

特にはてなブロガー、2ちゃんネラーはそういうやつが多い。

臆病者が創作者を笑うな。そして人生の「傍観者」になるな。

やってもいないのにユーチューブの何が分かるというのか?

 ユーチューバーを語るなら、お前も顔面を晒しリングに上がって来い。