無気力雑記

無気力人間の雑感

あいぽんの毎日というニート系youtuberについて語る

 

f:id:mutr:20200112114513j:plain

動画でも語ったが、あいぽんの毎日というニート系ユーチューバーについて書いていこうと思う。

 あいぽんの毎日というニート系ユーチューバー

あいぽんの毎日は体重100kgのチャンネル登録者1万人のニート系ユーチューバーである。

愛知県在住で愛称は「オカザキゾウアザラシ」。自慢の持ちネタは「ぽんぽん」

バイトをしてもすぐに辞めたり、大食い動画を上げて再生数を稼いでいる。

あいぽんは5年以上前からyoutubeをやっており、あれだけ伸びるようになったのは試行錯誤の賜物だろう。

youtubeは顔出しをするからそいつに何らかの魅力が無ければ再生数は伸びない。

自分をネタにしたような炎上スタイルで再生数を稼ぎ続けるのは凄いし、カリスマ性がある証拠だ。 

そしてあいぽんはyoutubeでかなりの広告収入を得ているから、実質はニートではなく個人事業主(フリーランス)なのである。

 あいぽんの毎日は月30万以上の広告収入を得ている

あいぽんの毎日のコメント欄には「早く就職しろ」とか「こんな底辺にはなりたくない」等のアンチコメントが立ち並んでいるが

あいぽんを叩いているアンチは自分でユーチューブをやったことがあるのだろうか?

あいぽんは再生数から推測するにYouTubeで30万~50万もの広告収入を得ている。

youtubeの1再生辺りの広告単価は昔より上がっていて稼ぎやすくなっている。

以前は実家暮らしだったが、一人暮らしをしていることからもyoutubeでそれなりに儲かっていることが分かる。

あいぽんは自分の見せ方が上手く、自分の醜い部分を徹底的にさらけ出している。

ダイエット中にチートデイと称して大食いをしたり、号泣している顔をサムネにしたり。

視聴者は収入0の底辺ニートだと思って見ているからどんどん再生回数&広告収入が入る。 

自分より下の人間を見て安心したいネットユーザー

結局、ネットユーザーというのは「自分より下の人間を見て安心したい」のである。

その証拠にsyamugamesのような無職ギリ健配信者が人気者になるのはネット文化特有だ。

これはブログにでも言えることで、「底辺」や「貧乏」に自分を見せるとよくアクセスが伸びる。

だから創作をするものは少し目線を下げて発信していくことが大事だと言える。

正直、今の引きこもりニートというポディションは発信をする上では美味しいと思っている。

人は優越感を得るためなら、いくらでもお金を払うということを覚えておくと良いだろう。