無気力雑記

引きこもりニートの雑記

インターネットでの人間関係は大切にしろ

よく俺をブロックしたり読者解除して消えていく人が居るんだけど

新参者はブログ運営歴が短いから人間関係の重要性が分かってないんだよね。

そういう人に限ってブログでしか発信をしておらず、SNSをしっかりやっていない。

ブログ運営におけるSNS発信の重要性を理解していない。

 

ネットの人間関係はリアルよりもゆるく繋がることが出来るし、自分にとっては心地良い場所。

批判よりもどちらかというと応援してくれる人の方が多い。

とはいえ、俺のyoutubeを見たりして女性のブロガーに拒絶されたりすると結構傷つく。

女性への未練や執着というのは相変わらず強いからである。

 

男にとって「好意を寄せている女に拒絶される」ことほど心が傷つくものはないのだ。

まあ女は「社会性を重視する生き物」だから俺のような不適合ニートは嫌われるんだろうな。

女とは、見た目だけを取り繕った社会常識に縛られた生き物である。

若手の女ブロガーだと「あんちゃ」くらいしか生きの良い若手はいない。

 

youtubeの動画を見たからと言って何が分かる。

ブログを読んでパーソナルな部分に興味を持ち読者になったのではないのか?

「嘘を嘘と見抜けない人はインターネットを使うことは難しい」

というひろゆきの名言があるようにあんなものはほとんどコント、ネタだ。

 

自分はこの世界で長くやっていくと決めているし、

既にある程度の影響力も持っていて、これからどんどんブログ界で影響力が伸びていく。

リアル社会では粗大ゴミの俺だが、正直このネット社会の中では誰にも負ける気がしない。

それほどまでにインターネットに適合性があると感じている。

ネットの世界で長くやっていきたければ周りの繋がりは大切にした方が良い

いわば、家族みたいなものだ。