無気力雑記

無気力人間の雑感

フリーランスになるには?必要なスキルと税金について

f:id:mutr:20200229185354j:plain

フリーランスになりたいけど何をやれば良いかわからない人も多いのではないでしょうか?

フリーランスになる為に必要なスキルや確定申告について書いていきます。

フリーランスとは?

フリーランスは、会社のような組織に属せず、個人単位で仕事を請け負うスタイルの働き方です。

個人で仕事を行う場合は、広い意味でフリーランス該当します。

「自営業」「自由業」「個人事業主」という表現もありますが、フリーランスとの意味合いで、法律上の違いはありません。

フリーランスになるには?

フリーランスになるには、特に決まりや手続きのようなものがあるわけではなく、独立して事業を行う人であればフリーランスと名乗ることができます。

開業届の有無についても個人の判断であり、提出は義務ではありません。

開業届を提出するメリットとしては、節税効果があることと、仕事を受注する際に社会的身分として信頼度が高まる点です。

 

フリーランスに必要なスキル

フリーランスとしての仕事の種類は、IT関係、デザイン、ライター、クリエイター、放送関係、フリージャーナリストなど広範囲に渡っています。

個人で仕事を行う場合は、クライアントに提供できる自分のスキルに磨きをかけることがとても重要です。

従来からすでに持っているスキルはさらに伸ばし、新しいスキルが必要であれば身につける努力が必要です。 フリーランスになってからでは時間的な余裕がない場合も多いです。

会社勤務時代から意識してスキル向上の努力をしておくことが大切です。

収支管理の意識が必要

フリーランスは組織の一員ではないため、会社勤務の頃にはあった福利厚生、有給休暇、健康診断などの恩恵はなくなります。

健康上の理由などで仕事ができなくなった場合に、収入がすぐに途絶えてしまうリスクへの備えが必要です。

十分な貯金を作っておくことや、フリーランス向けの福利厚生サービスに申し込んでおくことも効果的です。

また、従来の厚生年金から、国民年金に切り替える必要もあります。

フリーランスは個人事業であるため、毎月一定の給料が支払われる会社員とは違います。

仕事の受注と共に、収支管理についても普段から経理上の意識を持っておくことが求められます。

f:id:mutr:20200229185456j:plain

フリーランスの確定申告のやり方

フリーランスの確定申告は、個人単位で行う必要があります。

会社勤務であれば、会社が申告や納税を行ってくれるため、個人で書類を提出する必要はありません。

しかしフリーランスになれば、毎年の確定申告書類を自分で作成し、期日までに提出する義務を課せられます。 事業に関係する収入や支出が多くなれば、領収書の保管や収支の把握が複雑になります。

どの項目を必要経費に加えるかなど、細かい知識も必要です。 もちろん、税理士を雇って確定申告を依頼することも可能です。

特に収入が大きくなって自分一人では収支管理や書類作成が難しい場合は、プロに依頼して作成してもらうことで時間の節約ができます。

 フリーランス向けの求人案件サイト

at-engineer

 ITフリーランスエンジニア向けの案件情報を紹介しているサイトです。

エミリーエンジニア

5人に1人が年収1000万以上。高単価案件あり。福利厚生充実サポート。