無気力雑記

引きこもりニートの雑記

20代のうちにやっておくべきことを30歳の男がまとめる

f:id:mutr:20200320193344j:plain

20代という若い時間は30歳を超えるともう戻って来ません。

オジサンになってから若い内にやっておけばよかった..と後悔しても遅いんです。

 ブログを読んでいる読者は30代以上の人が多そうだけど

20代の内にやっておくべきだったと思うことをまとめていく。

 

ビジネスの勉強

ビジネスは人生そのものを豊かにするし、物事の本質に気付くことが出来る。
自分がビジネスに目覚めたのは30手前くらいだけど、ツイッター見てると10代や20代で完成されている人が居て感心する。

元々、自己啓発書は好きだったけどもっとビジネス書とか経営に関する本を読んでおけばよかったなあと。

今は中学生や高校生でも月100万以上稼いでいる人が居るし、若者もビジネスを学んでおくと良い。

ブログをやるにしても若い方が頭の回転が柔らかい上に行動力があるから伸びやすい。

だいたい若い内にビジネスの基礎を固めている人が30手前くらいで成功しているイメージ。

SNSで人脈を広げる

ツイッターのフォロワーを増やしたり、ネット上で仲間を作ったりSNSで人脈を作っておくと人生がイージーモードになる。

今の情報社会を生きていて、SNSやブログの発信を頑張らない手はない。

モチベーションが落ちた時の立ち直りが早くなるし、何か新しいことを始める時も人脈があれば有利。

家に居ながら世界中の人と繋がることが出来て、SNSからリアルの活動に発展することもある。

20代の内から地道にアカウントを育てて、最終的にはフォロワー1万人以上を目指すと良いだろう。

恋愛

恋愛は全くやって来なかったわけではないが、若い内しか出来ない恋愛ってのはある。

特に学生時代みたいな恋愛は、社会人になってからは出来ないから後悔しない為にもやっておくべきだ。

あと恋愛を通して成長したり、ナンパに挑戦したり人間関係のスキルを身に付けておくべき。

20代は貯金なんかせず、自分の経験や体験にどんどんお金を使った方がいい。

恋愛経験が少ないままオッサンになってしまうと、器量の無い情けない大人になってしまう。

才能や好きなことを見つける

自分はどんなことが得意で、何が好きなのかを20代の内に見つけておいた方が良い。

これが分からなければ、なんとなく就職して好きでもない仕事に就いてつまらない人生を送ることになる。

自分の好きなことを仕事をした方が人生が充実するし、お金持ちになれる可能性も高まる。

なにはともあれ、人生を迷わない為にも自分の特性をよく理解しておくべき。

また適正がある人はプログラミングとかIT系の専門スキルを身に付けておくと役立つ。

海外旅行

海外旅行をすると世界はこんなに広いんだということが分かり、視野が広くなる。

だいたい大学生の時に海外旅行や留学は経験するものだけど、なるべく若い内に海外に行っておいた方が良い。

海外に行けば、日本の魅力を客観的に見つめることが出来るようになる。

日本一周とかそういう視野を広げる行動は価値観に大きく影響してくる。

挑戦して失敗すること

20代の内はどんどん色んなことに挑戦して失敗するべきだ。

若い内は大きな失敗をしても、若いから仕方ない。でだいたい許される。

でも20代の頃というのは恥ずかしさや将来の不安によってリスクを取った挑戦が出来ない人が多いんだよね。

意外と30越えてからの方が開き直って色んなことに挑戦することが出来るようになる。

20代の頃より神経が図太くなって打たれ強くなったなと感じる。

何かに挑戦することは若い方が有利だが、30越えてからでも決して遅くはない。

まとめ

20代をどのように過ごすかで今後の人生に大きく影響してくる。

若い時間はあっという間に過ぎるから後悔しないように過ごすことが大事だ。