無気力雑記

無気力人間の雑感

ADHDは天才病?成功者が多い5つの理由を解説。

f:id:mutr:20200326144353j:plain

ADHDは別名「天才病」と言われている。

自分もADHD当事者だけど、やっぱり俺って天才だな・・・と思うことが多い。

ADHDの人が天才である理由について解説する。

 

 ADHDの成功者が多い5つの理由

1.多動だから

ADHDはとにかく落ち着きがなくて多動であることが特徴。

それが人によっては幼稚だと思われる為、集団行動には向いておらず社会では低く評価されがち。

しかし、多動であるが故に大量のアウトプットを苦なくこなすことが出来てしまう。

とにかく、常に何かしら動いていないと落ち着かないのである。

自分も1日中ツイートしたり、ブログを複数更新したり多動を発揮して今の状態になっている。

2.衝動性

ADHDは衝動的で何か欲しいものがあったりやりたいことがあれば衝動的に行動に移す。

買いたいものがあったり行きたい場所があれば、衝動的に遠くの街まで行くこともある。

その失敗を恐れない行動力が大きな成果を生むことがある。

何も考えず衝動的にリスキーな行動を取ることが出来るのがADHDの強みである。

3.好きなことに対しては過集中を発揮する

ADHDには過集中という特性があり、好きなことに対しては物凄く没頭することが出来る。

過集中が発揮されれば周りが見えなくなるくらい集中して物事に取り組める。

ハマり症みたいなところがあり、なんでも1番になるまで極めなければ気が済まない性格。

4.マルチタスクが得意

ADHDは落ち着きがない反面マルチタスクに優れていて、1度に複数の作業をこなせる。

例えば、SNSを10個掛け持ちしたりyoutuberになったりマルチな活動をすることが出来る。

基本的に好奇心が強いため色んなことに興味を持って取り組む。

5.創造性が高い

ADHDは脳のバランスが偏っているから、凡人には思いつかないような発想をすることが出来る。

そのため、高い創造性が求められるクリエイターに向いている。

社会では上手く行かない人でもネットの世界では水を得た魚のように活躍出来ることもある。

ADHDのデメリット

ADHDはもちろん良いところだけではなくて悪いところもたくさんある。

例えば以下

・注意力散漫

・もの忘れが多い

・話が頭に入ってこない

・凡ミスが多く仕事が続かない。

・コミュニケーションが下手 

 

趣味や好きなことに対しては過集中を発揮するが、先生の話を聞いていなかったり人の話が全然頭に入って来なかったりする。

職場でも1度言われたことを覚えられずミスを連発して職を転々とすることになる。

また人の気持ちを汲み取るのが下手なのでコミュニケーションが苦手な人が多い。

 

ADHDの有名人・成功者

ADHDの成功者は以下

・スティーブ・ジョブズ

・ビルゲイツ

・パリス・ヒルトン

・ホリエモン

・長嶋茂雄

・さかなクン

・セカオワのボーカル

 

比較的、有名な人を挙げてみた。

ADHDには世界的な成功者が多く、特にIT系の起業家に向いていることが分かる。 

一見どこか抜けているようにも見えるが、突出した才能を持っている天才ばかりだ。

 

まとめ

ADHDはマイナスイメージが強いが、その反面天才肌で起業家やクリエイターが多い。

ADHDとはまさに天から選ばれし者であると言える。