無気力雑記

引きこもりニートの雑記

無職は不安で辛いのか?1年間続けた実体験を語る。

f:id:mutr:20200409183419j:plain

去年の倉庫のバイトを辞めて無職になってそろそろ一年が経つので

無職は辛いのか?ということについて実体験を交えて書いていきたいと思う。

 

無職が辛いのは最初だけ

無職生活が辛いのは最初の数か月だけで、この時期はいきなり収入が0になりどうすれば良いか分からなくなり不安になる。

無職やニートが辛いのはまた仕事を探して働かなければ収入が無いということに起因している。

・新しい職場に入って0から人間関係を構築していかなければならないという不安。

・仕事がキツかったり、年下の正社員に命令されたりするのではないかという不安。

 労働でしか収入を得たことがない無職は働くことしかお金を稼ぐ術を知らない為このような不安に苛まれる。

 人間は何らかの価値を提供し続けなければ、うつになったり不安になるようになっている。

その為、何も生み出さない無職という生き方をしているとどんどん無気力になっていく。

半年も無職生活を続けると仕事しないのが当たり前のようになってくるが、根本的解決にはならない。

この問題を解決するには、新たに就職先を探すか自力で稼ぐ力を身に付けるかの二択になる。

無職の不安は稼ぐことによって解消する

無職が抱える不安や焦りってのは自分で100円でも1000円でも稼ぐ力を付けることで解消していく。

雇われずに自力で稼ぐお金はビジネス収入なので、労働収入の10倍価値が高い。

仕事を辞めた当初はブログがまだ弱かった為、ポイントサイトとセルフバックを駆使して月5万くらい稼いでいた。

この方法はクレジットカードや無料登録の案件を1通りこなすと出来なくなる為、他のお金稼ぎを探した。

次に手を出したのがFXだったが、親に借りた10万を見事に溶かした。結果としては良い授業料になりその後はトレードで大負けしなくなった。

今は情報発信をメインにして稼いでいるが、無職でも収入があればフリーランスと名乗ることが出来るようになる。

ただ、フリーランスに向いていない人も居るので、そういう人は素直にバイトでもした方が良いと思う。

無職はビジネス脳を開花させよ

無職生活を1年続ければ、雇われていないのが普通になり自力でお金を生み出す能力が開花してくる。

労働脳ってのは、時間内耐えて我慢すればその分給料が貰えるという考えだが、ビジネス脳は価値を提供すればお金が稼げるという思考。

世の中に価値を提供する方法は、雇われて働くことだけではなくてネット上にコンテンツを作って発信することも価値になる。

ビジネス収入を生み出すことが出来れば、労働に時間を割くことはアホらしく感じられて自分の事業にコミットするようになる。

アフィリエイトはよく自動販売機に例えられる。仕組みさえ作れば、あとはブログから商品が売れるのを待つだけ。

収益に至る導線は整っているから新たにアフィ記事を追加する必要もないし、自分語りでもしようかなと思ってる。

俺の場合、ネットビジネスに興味を持って24時間本を読んだりyoutubeを見て研究するのを趣味にしている。

カラオケでもなんでも病的にハマる性格なんだが、それが今はビジネスに興味が向いているだけ。

そしてやがてはお金の不安から解放され、自由人、哲学者への道を歩むようになっていく..

まとめ

無職の不安や辛さは新たに就職先を探すか自力で稼ぐ力を身に付けることにより解消される。

無職のまま生きていきたいのであればビジネス脳を開花させよ。