無気力雑記

引きこもりニートの雑記

手取り10万円代を抜け出す為の思考法【低所得】

f:id:mutr:20200530152054j:plain

今は手取り15万とかで生活が苦しいという人が多いらしい。

手取り10万円代を抜け出すための方法について書いていきたいと思う。

 

 

収入は自分で決める。

収入というものは自分で決めることが出来る。

例えば、月に50万稼ぐと決めれば脳がそれを達成するための情報や行動を探し始める。

ブログを毎日2記事書くとかyoutubeを3本上げるとか。1日20ツイートするとか。

このように目標収入を得るためのプログラムに参加させられ、自分のやるべきことが見える。

先に目標を設定すれば、それを達成するための行動が自然と取れるようになる。

これがセルフイメージや潜在意識の力なのである。

自分は月に10万の価値しか無いと思い込んでいる人は、知らぬ内に低収入の仕事を選んでいる。

それならば、なるべく高収入のセルフイメージを持った方がお得だ。

 

仕事をやめる

手取り10万円代しか貰えない仕事に就いているのであれば、辞めた方が良いだろう。

非正規雇用でも期間工とか工場の派遣をやれば月に20万円以上の給料が貰える。

バイトならまだしも、正社員で手取り10万円代ならやる価値はないと思う。

スキルを付けるなりして、自分の好きなことを仕事にして稼げるようにした方がいい。

つまらない仕事や楽しくない仕事を続けていると、消耗するし不幸になる可能性が高い。

世の中には配信者なりインスタグラマーなりゲーム実況者なり楽しい仕事は沢山あるから。

上司に怒鳴られながら仕事をするのではなく、好きなことで楽しくお金を稼いだ方が幸せになれる。 

働き方が多様化している現代社会において、わざわざ険しい道を選択する必要はないのである。

 

とにかく行動すること

自分のやるべきことが決まれば、利益に繋がる行動することが大事だ。

youtuberなら動画を撮って上げる。ブロガーならキーボードを叩いて1文字でも多く、文字を打つ。

こういうのが具体的に収入に繋がる行動だ。

毎日1万文字書くことが出来れば、ブログだけで食っていくことも可能。

目標年収が決まれば、とにかく猛然たる勢いで行動することが重要になる。

行動しまくれば、運やツキを掴みやすくなりチャンスも増える。

 

生活がキツイなら実家暮らしもあり。

実家暮らしをすれば、手取り10万円代でもそこそこリッチに暮らすことが出来る。

そもそも、お金を稼ぐことに向いていない人も居るのでそういう人は無理に高収入とか目指さず実家でのんびり暮らすのもアリかと。

手取り15万の一人暮らしで支払いに追われるくらいなら、子供部屋おじさんした方が気楽。

 

まとめ

手取り10万円台を抜け出すには、セルフイメージを変えることが有効だ。

自分の価値を低く見積もっている人は、根拠なき自信を持つことから始めよう。