無気力雑記

引きこもりニートの雑記

外国人労働者増えすぎ問題について。受け入れのデメリット

f:id:mutr:20200630105206j:plain

最近、近所で外国人労働者が大量に増えてきているので

受け入れによるデメリット等について書いていきたい。

 

 

外国人労働者をよく見かけるようになった。

近所で外国人労働者を見かけることが本当に多くなった。

スーパーで買い物している時に中国語やタイ語が聴こえて来ることが多い。

見た目的にはたいして日本人と変わりないけど、他所の国の言語を発している。

あとは自転車で中国人の女性が横並びになって走っていたり..

中国人女性って天真爛漫で日本人と違って性格があっさりしてて良いよね。

外国人は外人同士で仲良くしているけど、日本文化に馴染んでいて楽しそうに見える。

そういえば俺が工場で働いていた時もベトナムの外人と仲良くなったことがあったな。

外国人労働者は意外と人情味があって、わりと良い人が多かったりする。

地元は田舎なんだけど、かなり外国人労働者が増えてきているなと感じる。

外国人が増えること自体は悪いことではないけど、出来れば日本語を覚えて欲しいところだ。

 

外国人労働者受け入れのデメリット。

外国人労働者が増えてもニートの自分にとっては全く関係ない。

他所の国の言葉を喋っているから何か言われても分からないし、ほぼ無害だ。

外国人労働者に与えられる仕事は工場とかコンビニみたいな単純作業である場合が多い。

外国人労働者が増えることでシワ寄せが来るのは、フリーターとか非正規労働者だ。

当然、外国人労働者の方が体力もあるし仕事も出来るから、非正規労働の仕事が奪われていく。

体力の衰えた中年フリーターとか中高年引きこもりは外国人労働者が増えると厳しくなる。

企業にとっては単純作業を真面目にこなしてくれる外国人労働者はありがたい存在だろう。

ただ外国人労働者が増えすぎると日本人よりも権力を持って来ることも十分あり得る。

 

外国人労働者は日本の労働環境に満足しているのか?

外国人労働者は日本の労働環境に満足しているのだろうか?

外国人が日本で働きたがる理由って母国より給料が高いとか環境が良いという理由だと思う。

しかし、外国人労働者が就ける職は日本で言うブルーカラーの仕事である場合が多い。

まぁベトナムやカンボジアの人からするとブラック企業でも天国に感じるのかもしれない。

戦争もないし、カンボジアとかと比べると賃金も高いし恵まれている。

やっぱり日本って先進国で豊かな国だからニートでも生きていけるし、良い国だよね。

結局、日本人は豊かさに酔って甘えているだけなんだよ。ブラック企業でも働けるだけマシだと思うべき。

 

まとめ

外国人労働者が増えていること自体は悪いことではないと思う。

ただ外国人の方が権力を持って来ると日本は支配されかねない。