無気力雑記

引きこもりニートの雑記

好きなことで生きていくのは無理?底辺youtuberが語る現実

f:id:mutr:20200630230408p:plain

手越が「好きなことで生きていく」という動画を上げて話題になっているが

好きなことで生きていくは無理なのか?について語りたいと思う。

 

好きなこととお金稼ぎの両立は難しい

現実的に好きなことで生きていくにはお金を稼ぐ必要があるわけであって

好きなことだけでは食っていけないというのが俺の考え。

ブログもそうだけど、ただ自分の好きなことを書いているだけでは稼げない。

ネットで食っていくには積極的にマネタイズ用のコンテンツを作る必要があるのだ。

youtubeの場合はアドセンスのクリック型広告がメインになるから、正直儲かりにくい。

ヒカキンみたいな大御所は別として、多くのyoutuberはそんなに稼げていないだろう。

ブログはオワコンと言われているが一周回って、アフィが貼れるブログの方が収益性は高い。

工夫次第では好きなことで生きていくのも可能。

好きなことで生きていきたいとして、何が好きなのかにもよる。

例えば、歌やダンスが好きだとしてもそれで生きていくのは難しいと思われる。

ゲームが好きならドラクエとか人気のあるゲームを実況すれば、生きていくことも可能。

ちなみに俺は今、ビジネス=お金稼ぎが好きなことなので、ある程度好きなことで生きていけている。 

多くのyoutuberは自分の好きなことだけをやっているだけではなく、再生数の為に好きじゃないこともやっているのが現実。

自分の好きなことが稼ぎに繋がるジャンルなら良いけど、そうじゃない場合は工夫が必要。

子供を笑顔にさせることを生きがいにしよう。

youtubeの視聴者層は10代や20代が多くて、低年齢層を中心に構成されている。

再生数を伸ばすには、いかに子供ウケする動画を作るかがカギになってくる。

つまり、youtuberってのは子供を笑顔にさせる仕事なんだよね。

ヒカキンだって子供を笑顔にさせる為にボイパや変顔したりして頑張っている。

子供を笑顔にさせることを好きなことにすればyoutubeで生きていける。

 

大物youtuberなんて皆素人

f:id:mutr:20200630230304j:plain

先日、動画を上げたらたまたま大御所と並ぶことが出来た。

ヒカキン、ヒカル、シバター等は誰もが知る大物youtuberだけど、俺は皆素人だと思っている。

動画編集もアプリを使えば簡単に出来るし、youtuberのほとんどは大したスキルを持ち合わせていないはず。

その証拠に素人の俺が大御所と並んでもそんなに浮いてないし違和感もない。

なぜ、彼らが有名になれたかというと「参入時期が良かったから」に他ならない。

好きなことで、生きていく。という言葉が流行りだしたのは2014年頃のはずだが、

その辺りの時期に参入しているyoutuberがこぞって美味しい思いをしている。

今youtuberを始めてもビジネス系や芸能人とやり合う必要がある為、レッドオーシャンを強いられる。

youtuberになるよりもtiktokの次辺りに来るプラットフォームを狙った方が得策だろう。

まとめ

好きなことで生きていくのは無理じゃないけど、工夫が居る。

今からyoutuberとして参入するのはあまりおすすめしない。

好きなことと稼ぎを両立させるには上手くマネタイズする必要がある。