無気力雑記

引きこもりニートの雑記

夏が嫌いな理由5選

f:id:mutr:20200702123322j:plain

俺は4季の中で夏が一番嫌いだ。

夏が嫌いな理由について上げていきたいと思う。

 

1.暑いから

夏が嫌いである代表的な理由の1つだろう。

夏は暑すぎて昼間からの外出が捗らない。

部屋に引きこもっているとクーラー効いてるから良いけど

車の中とか暑すぎて、長時間のドライブが出来ない。

 

2.薄着

薄着でファッションのバリエーションが少ないから。

Tシャツかポロシャツしか着れなくて貧乏臭い見た目になる。

夏はファッションによって差別化したり誤魔化しにくい。

 

3.焼ける

夏は外に出るとすぐ肌が焼けて真っ黒になる。

元々どちらかというと地黒だから焼けてさらに黒くなる。

車の乗っているだけでも焼けてグロメンになる。

 

4.虫が湧く

夏はハエとかゴキブリに遭遇しやすくなる。

食べ物の残りとか置いていると小バエが大量発生する。

蚊に刺されるのも不快感が半端ない。

 

5.夏休みで学生が多い

子供の頃は夏休みが楽しみだったけど、大人になるとどこ行っても学生が多い。

今はそこまで学生が気になるわけではないけど

20代の頃は何かと学生に因縁を付けられることが多かった。

 

夏の好きなところ

嫌いなところばかり上げてもしょうがないし夏の好きなところも上げていく。

・恋の季節

・花火大会

・アクティブになる

・日が長い

・モラトリアムに浸れる。

 こんなところだろうか。

何歳になっても夏が来ると夏休みを思い出すというかモラトリアムを感じる。

まぁニートをしているから余計夏休みを思い出すのかもしれない。

冬は鬱になりやすかったりするけど、夏は気温が高いからネガティブになりにくい。

 

冬は大好き

暑いのは不快感が半端ないけど寒いのは心地良い。

昼間から快適に外出できるし夜はダウンを着てのウォーキングが捗る。

寒さで引きこもりや無気力になりやすいのがデメリットではあるけど。

夏は3カ月くらいで終わるけど、冬は5カ月くらいあるから冬の方が長いイメージ。

最後に

基本的に夏は嫌いだから早く終わって欲しい季節だ。