無気力雑記

引きこもりニートの雑記

進学校はいじめが少ないは嘘?高校時代の実体験を語る。

f:id:mutr:20200704175414p:plain

一般的には進学校はイジメが少ないと言われている。

今回は高校の頃、進学校に通っていた俺の実体験について書いていきたい。

 

 

進学校でいじめられていた。

高校は地元でそこそこの進学校だったが、高1の頃DQNにいじめれていた。

夏に皮膚炎で肌荒れしていたのを授業中に言いふらされたり、尻に浣腸をされたり色々やられた。

尻に浣腸といっても、生易しいものではなくかなり腕力が強くて尋常じゃない痛みだった。

そいつは学校の中でもトップクラスのDQNだったと思うが、近くの出席番号になったのが運の尽きだった。

高1の時は朝から顔を見るだけで憂鬱な気分になって、中退も考えていたほどだ。

進学校にしては珍しいタイプのDQNだったがスポーツ推薦で入ってきた人はやんちゃな人が多い。

しかもそういうDQNに限って彼女が居たりとやはり早熟傾向にある。

 

高2はいじられキャラに

高2はDQNとは別のクラスになったが、いじられキャラとしてのポディションを会得していた。

クラスのお調子者の女子に気に入られた?おかげでいじられキャラが心地よかったのを覚えている。

いじられキャラになったことで一時的に注目されて目立っている女子と仲良くなれたのだ。

イジメられるよりかはいじられる方が遥かにマシだなと感じた。

しかし高2は仲が良かった陰キャが数人しかいなかった為、居心地は悪かった。

 

 

高3は天国のようなクラスだった

高3はうってかわって陰キャばかりの天国みたいなクラスだったが故に堕落した。

夏頃には100kg近くまで太り体臭で女子に嫌われていた。

ローズネットクッキーとコンビニ弁当を毎日食べていたら劇太りしていた。

合唱の練習の時、男女で集合する機会があり、よく臭いと言われていた。

夏は制汗剤を使っても体臭が消えなくて地獄みたいだった。

高3は不登校気味になって、学校サボって公園で弁当食ったり出席日数ギリギリで卒業した。 

勉強はほとんどしていなかったし、高3の頃の堕落が今のニート生活に繋がっている。

 

進学校のいじめは陰湿

f:id:mutr:20200705105523j:plain

進学校のいじめは陰湿な傾向あり、頭が良いからグサっと来るような陰口を言ってきたりする。

グループとか派閥みたいなものもあるし、わりと人間関係で気を使うことが多かった。

男も女の腐ったような性格をしているような人が多く、陰湿な空気感が漂っていた。

進学校出身の俺も変に頭が回るというか、ズル賢いタイプなのであまり性格は良くないと思う。

 

進学校での3年間はつまらなかった。

進学校での3年間は校則も厳しく、陰キャラだったし良い思い出はほとんど無かった。

かといって勉強が出来たというわけでもなくて、周りのレベルが高くて学年最下位を何度も取った。

中学はそこそこ楽しめたのだが、高校は強者が集まっていたから陰キャになって埋もれた。

中途半端に進学校に行くのではなくて、偏差値の低い工業高校等に行った方が楽しめるかもしれない。

進学校で落ちこぼれた男の末路。【堕落した高校時代】 - 無気力雑記

まとめ

進学校でもいじめはあるし、大人になっても職場いじめはある。

いじめは人間コミュニティに属していればどこでも起こり得るものだ。