無気力雑記

引きこもりニートの雑記

うつ病の日常生活の過ごし方とは?自力で治すにはこうしろ。

f:id:mutr:20200724101836j:plain

最近、うつ病の人がかなり増えてきていると思う。

普通に生きているだけでも心病んでしまう現代社会の恐ろしさ。

うつ病を治すにはどのようにして日常生活を過ごせば良いか?について書いていく。

 

  

うつ病を治すにはルーティンを作れ

うつ病は昼夜逆転していたり、一日中家に引きこもっていたり生活が乱れている場合が多い。

うつ病を治すには生活リズムを整える為のルーティンを作ることが有効である。

 

無気力鬱だった時の俺は

17時に起きる→ベッドの上でyoutube見たりブログ→酒飲みながら寝る。

こんな感じでやれることがかなり少なくて常に無気力だった。

一日中ベッドの上でyoutubeを見たり、スマホでブログを書いたりして生きていた。

鬱になっている時ほど身近な成功者であるyoutuberの動画に希望を見いだしやすい。

当時は深夜にコンビ二に行くのがやっとくらいで行動範囲がかなり狭かった。

 

現在の俺は

昼までにブログを投稿する→外出してイオン行く→帰ってきてyoutubeを撮る→夕食→ウォーキング→明日のブログを書く。

現在はこのような1日を充実させる為のルーティングを確立させている。

起きている時間はだいたいアウトプットしている状態だから鬱になりようがない。

引きこもり鬱タイプの人は外出の習慣を持つだけでもだいぶ変わると思う。

基本的にうつ病は塞ぎ込みすぎて、身動きが取れなくなっている状態なのでアウトプットの習慣を持つことが大事なのだ。

 

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病になりやすい人の特徴は以下

・引きこもり

・内向的

・自己肯定感低い。

・完璧主義

 

うつ病になりやすい人は引きこもりとか家に居る時間が長くて、さらに鬱が悪化する。

あとはうつ病になる人は真面目だったり完璧主義で自分に厳しい人も多い。

自己肯定感低めで否定的な考え方の癖がある人もうつになりやすいと言える。

物事を深く考えるタイプなので、ブロガーのような職業はわりと向いている。

 

うつ病は寝ても治らない

f:id:mutr:20200724102135j:plain

うつ病を治すには休むとが大切と言われているが、経験上うつ病は寝ても治らない。

過度な疲労から来るうつ病なら寝ることでストレスが抜けて改善する場合も多いけど。

恐らく、うつ病の人のほとんどが無気力タイプのうつ病だろう。

無気力タイプのうつが寝てばかりいるとさらに悪化して、身動きが取れなくなっていく。

うつ病を治すにはウォーキングしたりとにかく動いて行動することが大事だ。

その内、刺激の方が心地よくなってきて、うつ状態から脱却することが出来る。

 

最近、躁鬱の波が激しい。

現在の俺はうつ病ではないものの、かなり躁鬱の波が激しい日常を送っている。

例えば、ブログやyoutubeの勢いがある時は躁状態でハイになるのだが、過疎っている時は気分が落ち込んで鬱になる。

所詮、ブログは人気ビジネスであるが故に一発屋芸人やアイドルと近しいものがある。

とにかく刺激を求めて日々生きているが、刺激が少ない時に落差でもの寂しさを感じる。

 

おわりに

うつ病は病気というよりもただの甘えである場合も多い。

だからウォーキングをしたり生活リズムを整えることが大事。

甘えを断ち切ることがうつ病を脱するカギになる。