無気力雑記

引きこもりニートの雑記

加齢が怖い。40代になりたくない無職30歳

f:id:mutr:20200729155526p:plain

もうすぐ31歳になってしまうのだが、歳は取りたくないものだなぁと思っている。

加齢が怖くなってきたということについて書いていきたい。

 

30代は思ったより若かった。

29→30になる時もわりと抵抗はあったけど、30歳は自分が思っていたよりも若かった。

さすがに体力は落ちてきていると感じるが精神的には20代の頃と変わっていない。

世代的にはヒカキンや青汁王子と一緒だが、彼らを見ててもそこまでオジサンという感じはしないだろう。

20代の頃は30歳はオジサンだと思っていたが、30代は若いのだ。

 

40代はどう考えても若くない

あと10年経ったら40になってしまうし、40歳はどう考えても若くないだろう。

40代で独身無職とかだとさすがにキツイし負け組感がぬぐえない。

でも実際に40代になってみたら若く感じるのかもしれない。

今は40代や50代でもyoutuberを頑張っている人は沢山居るし、挑戦自体は何歳でも出来る。

むしろ、無職とか非正規系の発信者って若いとインパクト無いから人気出ない。

 

紫外線で肌が老けてきた。

以前は家にずっと引きこもっていたけど最近は毎日外出する生活を送っているから肌が劣化してきてるのを感じる。

夏だから焼けて肌が黒くなり、余計に老化しているように見えるのかもしれない。

外に出て直射日光を浴びているわけではないが車を運転しているだけでも肌ダメージが大きい。

少しでも老化を食い止めたいなら家に引きこもって紫外線を浴びないようにした方が良いだろう。

男は若干老けている方がカッコ良い説もあるけど、男も女も若く見えた方が得に決まっている。

 

何者でもないオッサンになる恐怖

歳を取るのが怖いのではなくて、40を超えてそこら辺歩いてそうなオッサンになるのが怖いのだ。

加齢というものに負けない為には、地道に個人としてのポイントを貯めていくしかないだろう。
例えば、芸能人やホリエモンやひろゆきみたいになれば50代とかでもリア充だろうし。

結局、金をどれだけ稼いでも知名度がなければたいして人生は変わらないと俺は思っている。

サラリーマンは安定収入が貰えるけど、個人にポイントが貯まらないから何者にもなれない。

ネットでそこそこ名の売れている配信者やyoutuberの方が美味しい思いをしている現実がある。

youtuber活動等を通してもっと影響力を付けることをこれから2、3年でやっていきたい。

継続さえ出来れば、恐らく40になる頃にはそこそこ世間に知れ渡りリア充になっているはずだ。