無気力雑記

引きこもりニートの雑記

無職系youtuberが時給1000円の派遣で社会復帰!なぜ働くのか。

f:id:mutr:20200811140236j:plain

最近無職系のyoutuberを見ていると就職したり派遣で社会復帰するという流れが続いている。

ピピピさん、まりもん等..無職系youtuberがなぜ働くのか?ということについて書いていきたい。

 

社会復帰はただの話題作り

無職系のyoutuberが就活したり社会復帰するのはただの動画を伸ばす為の話題作りである可能性が高い。

就職が決まったとか、仕事をバックレたとかいう動画を出すと再生数を稼ぎやすい。

無職系youtuberは何もイベントが起こらず、停滞した日常になりがちだから働いて苦しんでいるところを見せた方が面白かったりする。

恐らく、派遣やアルバイトで短期的に働くことはあっても、まともな社会人になることはないだろう。

俺にしても働かずに生きていくライフスタイルが染み付いているからそう簡単に社会復帰出来ない体質になっている。

あくまで動画を伸ばす為の話題作りであって、本気で働くということはないだろうと思われる。

ピピピさんはyoutubeだけでもやっていけそうだと思うが、youtuberなんて不安定だし収入源が2つある方が安定する。

このブログやyoutubeにしても俺が派遣やバイトで働いた方が面白くなるけど、いかんせん働く気がないからネットで稼ぐ系の話題になりがち。

 

無職の日常は続かない

俺の無職の日常的なコンテンツを作っていたことがあるけど、そもそもこのようなスタイルは長続きしないのだ。

無職の危機感のない日常を晒したところで誰の役にも立たないし、ビジネスとしても成り立たないからだ。

結局、無職がネットで働かずに生きていこうと思えば、俺みたいなアフィリエイト路線になる。

何か商品を用意してそれを売るための導線として動画を出したりマーケティングを考える。

自己顕示欲だけで生きていけるほど世の中は甘くないということをインスタやtiktokをやってよく分かった。

ピピピさんはマネタイズベースの生き方はしたくないと言っていたが、俺はあまりマネタイズに抵抗がないタイプ。

何度も言ってるけど、常に新しいことを学ぶ姿勢が無ければネットで稼ぎ続けることは難しい。

 

無職が働かずに生きていく為にやるべきこと

無職が働かずに生きていく為に無職系youtuberになったり無職系ブログで日常を発信するのはあまり良い手段ではない。

大抵そのようなビジネス底辺は視聴者をマネジメントしきれずに破綻していくからである。

 

ネットで食っている俺がやっているのは

・ビジネス系youtuberの動画を見まくる

・マーケティング本を読みまくる。

・アフィリエイトサイトを運営する。

・ツイッターを5垢運用。

・youtubeを1日3本投稿。

 

結局、まともにネットビジネスを勉強して稼ぐのが一番なんだよね。

なんだかんだ誠実なビジネスに勝るものはないんだよ。

ちなみにブログで稼ぐ為に必要なのはとにかくマーケティングであってプログラミングを勉強するのは明らかに遠回り。

プロ野球選手になるためにサッカーをやっているようなものだ。

無職生活を1年半続けてスキルを身に着けたりある程度真面目にやらないとやっていけないことはよく分かった。

だから一日中PC抱えて情報収集したりブログを書いてセルフブラック企業と化している現状。