無気力雑記

引きこもりニートの雑記

社会不適合者の特徴とは?向いている仕事は何。

f:id:mutr:20200828105208p:plain

自分は社会不適合者の最たるものだと思う。

一度も就職をしたことが無くて、協調性ほぼ0。

社会不適合者の特徴や向いている仕事を紹介したいと思う。

 

社会不適合者の特徴

すぐに仕事を辞める

社会不適合者は発達障害等を持っていることが多く、小さなミスを繰り返したりして職を転々としやすい。

人間関係も下手で職場に馴染めずにすぐに仕事を辞める人が多い。

自分もどこの職場に入っても1ヶ月も続かずに辞めたり、一つの職場で長続きしない。

いわゆる社会適合者は1つの職場で定年まで働くような人のことを指す。

 

プライドが高い

社会不適合者は自分は特別な存在だと思いこんでいる人が多く、プライドが高いのが特徴。

実際、社会に適合出来ないだけで、高い能力を持っていることも多いから自分を特別視しがち。

プライドの高さも人間関係が上手くいかなくなる原因の一つでもある。

 

人間不信

社会不適合者は職場や学校で上手に人間関係を構築出来ない為、人間不信に陥りがちである。

なかなか人を信用することができず、常に疑いを持った態度で人を接する。

その反面、仲良くなった人には懐きやすいという特性もある。

 

天才肌

社会不適合者は職人肌の天才が多い。

天才すぎて周りの人に合わせられなくて社会に馴染めないという場合もある。

俺がこの手のタイプだったりする。

集団の中に入っていると全く能力が発揮出来ないが、一人になるととてつもなく高い能力を発揮する。

このタイプは芸術やクリエイターなどの仕事に就けば活躍できる。

 

自己中心的で時間にルーズ

社会不適合者は自己中心的で協調性がなく、時間にルーズだという特徴がある。

学校や職場で遅刻したり、大切なイベントでも平気で遅れてきたり。

ある種、自分ルールに基づいて動いている人が多いのである。 

 

社会不適合者に向いている仕事

f:id:mutr:20200828113211j:plain

社会不適合者に向いている仕事の特徴は以下

・人と関わらなくて良い

・特技や好きなことを活かせる

・場所や時間に縛られない。

 

これらを踏まえて社会不適合者に向いている仕事を紹介する。

 

ブロガー

ブロガーは家から一歩も出なくても稼ぐことが出来る為、社会不適合者にはピッタリの仕事だ。 

社会不適合者は独特の尖った考えを持っている人が多いので情報発信には非常に向いている。

この業界は働きたくないからフリーランスになったという社会不適合者も多い。

自分も最終的には一人で出来るブロガーが天職のように感じられここに落ち着いた。

 

youtuber

youtuberは社会不適合者に向いている。

実際のところyoutubeで有名になっている人は派手な髪色だったり見た目からして社会不適合者が多い。

youtuberはスマホに向かって喋るだけでコンテンツが出来るので、ブロガーより楽な仕事だ。

人気youtuberになるには個性を活かしたり参入ジャンルを工夫する必要がある。 

 

起業家

社会不適合者は個性が強い人が多いので起業家にも向いている。

起業家には常識に囚われない発想や斬新なアイデアが求められる。

俺自身も起業意識が芽生えてきており、もっと広い世界を見たいと思っている。

 

工場のライン工

工場のライン工は単純作業でひたすら同じことを繰り返すだけで良いので社会不適合者でも務まる仕事だ。

自分も食品工場のライン工はかなり適正があって奇跡的に2年も続いた。

ライン工は作業を正確こなすことさえ出来れば何も言われないし、人間関係も楽。

 

警備員

警備員の仕事は基本的には一日中立っていたり、巡回するだけなので社会不適合者向け。

交通誘導の警備員は大変だが、施設警備は体力的に楽だと言われている。

夜勤ならほとんど人と話す機会がないことも。

 

プログラマー

プログラマーはITエンジニアに就職することも出来るし、フリーランスとしても自由に働ける。

これからの時代、プログラミングを身に付けておくと色々と役に立つ機会は多いだろう。

0からプログラミングを学ぶならオンラインのプログラミングスクールがおすすめ。

TechAcademy [テックアカデミー]

最短・最速で脱プログラミング初心者|Skill Hacks(スキルハックス)

 

まとめ

社会不適合者は好きなことや特技を活かした仕事に就けば能力を発揮出来る場合も多い。

今の時代、職場で働かなくても生きていく道はいくらでもある。