無気力雑記

引きこもりニートの雑記

学生時代の夢を頻繁に見るのはなぜ?ニートが考察する。

f:id:mutr:20201013162956p:plain

大人になってからでも学生時代の夢をよく見るという人は多いだろう。

俺自身も学生時代の夢をかなりの頻度で見ている。

学生時代の夢を頻繁に見るのはなぜなのか?ニートが考察していきたい。

 

学生時代の夢の頻繁に見る理由

学生時代の夢を見る理由は、現状への無力感や幼さの象徴とも言われている。

子供っぽくて将来に対して甘く考えているのが学生時代の夢として現れるようだ。

少なくとも、学生時代の夢はあまり良い意味ではないことは確かだろう。

 

思うに学生というのは、通学、授業、部活、受験など何もかもが修行のようなものだ。

やるべきことから逃げている時に学生時代に戻って修行をさせられているのではないか?と感じる。

というより大人になってからの労働も修行に近いし、人生そのものが長い修行と捉えて良いだろう。

 

ニートが学生時代の夢を見やすい理由として、日常会話や人生経験が不足しているというのも挙げられるだろう。

だから学生時代の懐かしい友達と再開して遊んだり会話したりして夢によって体験されられる。

幼少期や学生時代というのは脳が若い為、登場人物や風景などが記憶に残りやすい。

不思議と20歳を超えてフリーターになってから出会った人はほとんど夢に出てこなかったりする。

今、学生時代に戻りたいかというと閉鎖的で親や先生という強大な力に支配されていたあの頃には戻りたくない。

ただ学生時代に陰キャで彼女作ったりできなかった未練もあるからそういう意味では戻りたい。

学生時代の甘酸っぱい恋愛は大人になってしまってからでは経験出来ないだろう。

 

学生時代の恋愛は一生モノ!

俺がよく見る学生時代の夢

よく見る学生時代の夢とその意味を簡単に解説していく。

卒業できない夢

俺がよく見る学生時代の夢は高校3年生をもう一度やり直す夢だ。

なぜこの夢をよく見るかというと、ゲームにハマって不登校気味になって出席日数ギリギリで卒業したからだ。

学校をサボって、公園で弁当を食いながらDSして時間を潰していた記憶がある。

夢では高校を卒業できないパターンとか無事卒業できてハッピーエンドなパターンとか色々ある。

これは自堕落な高校時代を送った未練のようなものが夢に出てきていると思われる。

 

塾に通う夢

中3に戻って塾に通っている夢もよく見る。

中3の頃は野球と塾通いでかなり多忙な日々を送っていたが、塾はトラウマのようになっている。

塾のおかげで進学校に入れたが、夜遅くまで塾で課題の提出とかかなり面倒だった記憶がある。

塾通いの夢から覚めたときはかなりホッとする。塾通いの夢は目標や向上心など意識高い人が見やすいようだ。

 

教室で授業を受けている夢。

教室で授業を受けている夢もよく見る。学校とは社会の縮図そのものである。

あの閉鎖的な空間に閉じ込められているだけで憂鬱になる。

高校時代は半分くらいまともに授業を受けずに寝ていた気がする。

教室に居る夢はやらなければならない課題や自由になりたい願望の現れらしい。

 

女子と仲良くしている夢

学園アニメの主人公になったかのごとく女子と仲良くしている夢をたまに見る。

学生時代は地味な陰キャだったから女子と仲良くなったことなんてほとんど無かった。

女運が高まっている時にこのような夢はよく見る傾向がある。

女子に囲まれる夢を見た時は心地よい気分で目覚めることができる。

ハーレムっぽい夢をみた時はリアルでも女運が上がって出会いが増える。

 

不良に追いかけられる夢

野球部で嫌いだったDQNに追いかけられる夢もよく見る。

そいつは悪ガキでかなり記憶に残っているので頻繁に夢に出てくる。

しかし学生時代というものはDQNほど彼女が居たり色々得をしたりするものだ。

追いかけられる系の夢は典型的な悪夢だが、人間だけじゃなくて虫や獣に追いかけられる時もある。

追いかけられる夢は現実逃避をしていたり、日頃の行いが悪くて運気が下がっている時に見やすい傾向がある。

 

夢の世界の不思議

f:id:mutr:20201013174014p:plain

夢の世界は、思念が具現化しやすい世界なので、だいたい頭で思ったとおりの展開になっていく。

夢は次元が高くて、現実世界以上に潜在意識がダイレクトに投影される。

俺は明晰夢というのをマスターしていて、二度寝している時やうとうとしている時に夢を自在にコントロールできる。

明晰夢状態に突入したらやることと言えば・・・お察しではあるけど。

 

夢は現実に限りなく近いパラレルワールドで、違う世界線にもう一人の自分が居るのではないか?と感じている。

夢の世界や記憶は潜在意識で作られているので、死後の世界や生まれ変わりは恐らくある。

学生時代の夢は同窓会。いわばスピリチュアルミーティングとも言われている。

 

夢の世界はマジで不思議だよね。 

 

まとめ

学生時代の夢は現状の無力感や考えの幼さを意味している。

考えが子供っぽくて自分に甘いニートが見やすいのは納得できる。

あまり良い意味ではないが旧友に会うと懐かしさを感じさせられる。