無気力雑記

引きこもりニートの雑記

摂食障害で歯がほとんどボロボロになった体験談を語る。

f:id:mutr:20201027195523p:plain


俺はFラン大学を摂食障害で中退したのだが、その時に歯がほとんどボロボロになった

この話はあまりに過激だから今まで封印していたけど、ブログに書くべきだと感じた。

今回はその時のエピソードを書いていきたいと思う。

 

 

ダイエットのしすぎで拒食症になった。

高3年生の時、95kgくらいあった俺はダイエットを決意した。

食事制限とランキングをひたすら繰り返して短期間で20kg以上の激ヤセに成功。

大学1年の夏頃には体重が65kgまで落ちて健康的なスリム体型になった。

陰キャだった高校時代と比べると髪も茶髪にして、大学デビューを果たした。

 

だが俺は当時ポケモンのダイゴのようなイケメンに憧れていてさらなる減量を試みた。

モテたかったわけではないが、尋常ではない美への執着とイケメンへの憧れがそうさせた。

ビタミン剤とアクエリアスと飴玉だけで生活していたら体重はみるみる減っていき58kgくらいまで落ちた。

最低限の栄養だけ摂り固定物を摂らないことで体重を極限まで落とそうと考えたのだ。

その後、ガリガリ痩せたのは良いものの減量のリバウンドでとてつもない食欲に襲われた。

 

菓子パンやアイスクリームを買い込んで、口の中で咀嚼してはゴミ袋に吐き捨てるのを繰り返した。

真っ黒のゴミ袋に嘔吐物をくるんで、ゴミの日にこっそり出していた。

この行為はチューニングというらしいが、摂食障害でよくある過食嘔吐はしていなかった。

さすがに一度胃にいれたものを吐き出すのは抵抗がある。

痩せすぎで大学に通えなくなり中退してからは教習所に通いつつ1年くらいニートをしていた。

 

f:id:mutr:20201027200108p:plain
廃人だった頃の俺の写真だ。 身長182cm55kgくらい。

8頭身のイケメンになったつもりだったが、どうみてもホラー。。 

 

摂食障害で歯がボロボロになった。

f:id:mutr:20201027195825p:plain

この異常な食行動を繰り返している内にあっという間に歯のエナメルが溶けて虫歯になった。

減量の為に飴玉やアクエリアス等、糖分の入った物を常に口に含んでいたのもあるだろう。

激ヤセにより免疫力が弱っており、虫歯と歯茎が痛み止めを飲んでも効かないくらいに痛んだ。

 

摂食障害で大学を辞めてからは、しばらくは歯医者通いが続いた。

歯医者に行って虫歯を削って、神経を抜いたらどんどん歯は脆くなりさらに削るを繰り返した。

削れば削るほどに歯が弱くなるから、さらに歯医者に通うというループ。歯医者代も数十万でバカにならなかった。

歯の神経を抜く為に麻酔を打たれたり、レントゲンを撮ったりしたが徐々に慣れていった。

 

最終的には前歯が6個連結、ほとんどの歯がセラミックの差し歯と銀歯になってしまった。

神経の通っている健康な歯は殆どないから、虫歯になっても痛むことはなくなった。

摂食障害になった人は過食嘔吐を繰り返したりして歯がボロボロになってしまう人が多いらしい。

 

摂食障害が治ったきっかけ

摂食障害が治ったきっかけは体重が53kgくらいまで落ちて視界がブラックアウトして倒れた時だ

急に目の前が真っ暗になって気を失って階段から転げ落ちた。

これはヤバいなと本能的に感じてそれからは普通に飯を食うようになった。

しかし倒れるまでは自分はまだ太っていると思っていて、さらに痩せようとしていたから恐ろしい。

21歳でバイトを始める頃には体重は80kgくらいまでリバウンドして健康的な体型に戻った。

ぶっちゃけ身長が180cmくらいあると80kgでもそこまで太っているようには見えない。

元々、食うのが好きで太りやすい体質だったけどここまで痩せられたのは自分でも驚きだった。

歯がボロボロになってほとんど差し歯になったのは、食べ物を粗末にした罰だろうな。

 

伝説の摂食障害ブログ公開!

kasiodiet.com

最後に俺の摂食障害の体験談を生かして書いているダイエットブログを公開する。

ブログ村の摂食障害カテゴリでも上位を取ったことがあり、一時期は結構アクセスがあった。

主に摂食障害や過食に悩む女性に向けた記事を書いている。

今はほとんど更新してないけど、興味ある人は読んでみたら良いと思う。

このサイトはサテライトかアフィブログかなんかにして再利用するかもしれない。

 

まとめ

摂食障害といえば、美意識高い女がなるイメージだから男の摂食はかなり珍しい。

俺はのめり込む性格だからダイエットもガリガリになるまでやり込んだ。

ダイエットはハマりすぎると拒食症になることもあるから気をつけよう。