無気力雑記

引きこもりニートの雑記

生きづらさを抱える人はどうすればいいのか?

f:id:mutr:20201101002256p:plain

便利な世の中になったが、生きづらさを抱える人が増えていると思う。

このような生きづらさを抱える人はどうすれば良いのか?について考えていきたい。

 

 

生きづらさの正体とは?

まず生きづらさを感じやすい人の特徴として

・他人の目が気になる

・自己肯定感が低い

・他人と自分を比較する。

・自分の居場所が無い。

・自分に厳しい。 

このような特徴がある。

 

他人の目や批判が気になって、生き辛さを感じている人は多いはず。

俺はほとんど他人の目は気にならないが、世間体を気にする人は生きづらさを感じやすい。

もしくは自分の居場所を失っていて、承認欲求が満たされず自己肯定感が低くなっている。

 

私は〜でなければならないと自分に厳しい人も生きづらさを抱えやすい傾向にある。

こういう人は開き直ったり自分に対してとことん甘くすることが大事だと思う。

「自分」というワードが沢山出てきているが、

生き辛さを抱える人ほど視野が狭く興味関心が自分に寄り過ぎなのである。

自分では無く外の世界に意識を向けることが生きづらさを脱出するカギとなる。

 

生き辛い人はアウトプット習慣を付けよう

内側に寄りすぎている生きづらい人はアウトプット習慣を付けよう。

・ブログやSNSを投稿する

・youtubeを投稿する

・ウォーキングをする

・外に出て人と話す

 

これが現代の生き方の基本である。

俺が思うに生き方なんてのは単純で、何らかの媒体で習慣的にアウトプットするだけ。

生き辛い人はどのようにアウトプットすれば良いか分からず迷っている状態だ。

インプットデブというか便秘みたいにクソが身体に詰まって不健康になっている。

 例えば、引きこもりはアウトプットが全然足りて無くて内側に寄り過ぎた状態。

 習慣的にアウトプットすることが健全なメンタルを保つ上では大事だと思う。

いわゆる、成功者などの世の中において生きやすい人はアウトプット量がかなり多い。

逆にアウトプットが少ない人はお金を稼げないし、社会において居場所を見失いやすい。

 

他人との比較をやめる

f:id:mutr:20201101003824p:plain
自分と他人を比較する人ほど生きづらさを感じやすい。

インフルエンサーとかSNSでキラキラしている人の投稿を見て落ち込んだり。

今、上手く行ってる人も大体年単位の下積みがあるし始めから上手くいくわけがない。

上を目指せば目指すほどキツくなるしアンチも湧く、インフルエンサーはだいたい苦労人。

 

それよりも今の自分にしかない良さというものに目を向けることが大事。

人間の魅力というのは不完全さだったりするから、今のままでも十分だと考える。

ダメな部分が無い完璧超人は応援されにくいし、人間的な魅力は無かったりする。

 

会社の仕事が辛いのは当たり前

f:id:mutr:20201101003547p:plain

会社員の仕事が辛いのは当たり前で、職場のルールに従わなければならないし

お金や仕事を求めて人間が集まっているわけだから争いになるのは当然だ。

精神的な自由もなく、いわば鎖に繋がれた犬のような状態だろう。

職場の人間関係で生き辛いと感じるなら辞めて別の生き方を模索するべき。

 

俺はどこの職場に行っても上手く行かないから働くことを辞めてニートになった。

そしてブロガー&youtuberになって自分らしい生き方が出来るようになった。

基本引きこもりで人と会わないからそもそも生きづらさを感じる機会がないのだ。

 

一人で事業をやれば、誰かと争うこともなくなるし仕事するのが楽しくなってくる。

会社や誰かに依存した状態を断ち切らなければ生きづらさというものは無くならない。

雇われ仕事ではなく、自分一人の力でお金を稼ぐという真の自立を目指せば良い。

 

正直、今ほど生きやすい時代は無い

ブログを始める前は生き辛いと感じていたこともあったが、今はかなり生きやすい世の中だと感じる。

なんせ皆勉強しないし同じことしかやらないから、人より少し勉強すれば簡単に差別化できる。

家から一歩も出なくてもネットでそれなりに食っていけて今ほど生きやすい時代は無いだろう。

嫌なことを一切やらないでも生きていける素晴らしい現代。

これほどITが発展した現代において生き辛さを抱えている人はただの無知か努力不足だと思う。

生き辛い人は他人を出し抜けるスキルを身に付けたり、コツコツ努力を継続するしかない。

 

まとめ

生きづらさを抱える人はまずアウトプット習慣を付けてみてはどうだろうか?

他人に頼るより、まずは本来の自分を少しずつ取り戻すことが大事だ。