無気力雑記

引きこもりニートの雑記

ニートyoutuberが総再生回数10万回を達成して分かったこと

 

f:id:mutr:20201102143619p:plain

ついに、俺のyoutubeチャンネルが総再生回数10万回を突破した。

約1年間youtube活動を続ける中で様々な気づきがあった。

総再生回数10万を突破した今、感じることを書いていきたい。

 

 

youtubeの影響力は凄いということ。

ツイッターでもいつもyoutube見てます。みたいなリプが届くことがあるんだけど

やはりyoutubeの影響力は凄まじいなと感じる。

ブログに対する感想はほとんど無くて、どちらかというとyoutubeの印象の方が強いようだ。

youtubeは顔出しするのでやはり動画は文字媒体よりインパクトが強いというのはある。

リアルと同じで見た目で判断されがちだしアンチが付きやすいデメリットはあるけど、影響力を獲得するには最適の媒体だ。

チャンネル登録者1000以下だと収益化出来ないから意味がないと考えている人も多いけど、十分やる価値はある。

価値のある発信をすれば、それに見合ったものは返ってくるし収益化は出来なくても問題はないのだ。

 

youtubeのアルゴリズムは素晴らしい

youtubeって動画を上げた瞬間はあまり再生数が伸びないけど、過去動画がジワジワ伸びていく。

急に過去動画がバズって数千回を超えることもあるし、初動じゃどこまで伸びるか判断できない。

再生数の内訳はチャンネル登録者が1割で、あとは検索とか外部流入が9割になっている。

つまりチャンネル登録者経由よりもキーワード選定をして、検索流入を狙った方が再生数を稼げる。

これはブログなどでも同じで、読者経由より検索エンジンからの流入を狙った方がアクセスが稼げる。

関連動画から過去動画が自動で再生されるという仕組みは素晴らしくて、コンテンツが一生モノの資産になる。

 

 

スマホ1発撮りで十分だということ

f:id:mutr:20201102143119p:plain


youtubeは高額なカメラ機材や編集ソフトが必要だと思いこんでいる人は多いと思う。

実際はそんなものは一切必要なくて、スマホ一発撮りで十分再生されるということ。

俺の動画を見てyoutube初心者だと感じる人もいるかもしれないが、あえてスマホの縦撮りにしているのだ。

クオリティの高い動画を作ろうと思えば出来るけど、編集は手間のわりにリターンが少ないと感じる。

変にBGMを入れたり、テロップを加えたりしても大して再生数は変わらないし、内容の方が大事。

スマホ1発撮りの喋り動画なら1時間に5本以上動画を生産することも可能で圧倒的に効率が良い。

 

ニートyoutuberは無理だと感じた。

ニートyoutuberに挑戦したが俺には無理だと感じた。

なぜなら、一度ニートというポディションを取ってしまうと教える側に回れないから。

俺が得意としているのはマーケティングとかノウハウ系だし教える側に回れないのはきつい。

ニートyoutuberに求められるのは自堕落なルーティンとかダメ人間な感じだろう。

俺は意識高いしそこまでダメ人間ではなくて、もっとダメなヤツは世の中にいくらでも居る。

結局、無職ニート系は底辺のオッサンとか自分より下の人間を見て安心したいとかそういう需要しかない。

徹底的にダメ人間役を演じ続けられる人でなければニート系youtuberで伸びることは難しい。

ニートyoutuberは見下されながら生きていく的な側面があり、まともな精神じゃ続かないだろう。

好きなことで生きていくとは程遠く、視聴者に嫉妬されたり色々なしがらみが生じるようになる。

よってニート系に拘らず、再生数は伸びなくても自分のやりたいようにやろうと思った。

 

 

総再生回数10万は底辺youtuberの登竜門


f:id:mutr:20201102144125j:image

ヒカキンとかヒカルみたいな大物youtuberは1本の動画で100万再生を当たり前に超えている。

その為、感覚が麻痺しているかもしれないが総再生回数10万は決して少なくはない。

知名度も何も無い一般人がyoutubeをやるとガチで10再生もされないからね。

総再生回数10万超えは底辺youtuberの登竜門と言える。

試しにyoutubeをやってみれば、総再生回数10万がどれだけハードルが高いか分かるだろう。

底辺youtuber攻略の教科書」は俺が10万再生に至るまでの試行錯誤をまとめた有料noteだ。

これからyoutubeをやりたいとか底辺youtuberには役立つ内容になっている。

まとめ

総再生回数10万回達成できたのは良かったが、まだまだ通過点だ。

次は登録者1000人と総再生数100万回を目指したい。